2016/08/09

X-MEN:アポカリプス

『X-MEN:アポカリプス』のレビューを執筆しました。

Xmenapocalypselaunchquadposter1200x

最強の敵、降臨。世代を超えたメンバーの勇気と絆が試されるトリロジー最終章/映画.com

若き日のメンバーが活躍するシリーズもこれで完結。最強の敵”アポカリプス”を前に、X-MENたちに打つ手はあるのか。ハードルが高ければ高いほど絆も強まるということで、まさに最終章にふさわしきスケールの大きさとなっています。ご鑑賞にあわせてご覧いただければ幸いです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

ゴーストバスターズ

これまで幾度となく浮上しては立ち消えとなっていた「新生バスターズ」企画が、ついに女性だらけのメンバーに刷新されて戻ってきた。

Ghostbustersfullnewimg

1984年公開の第1作目があまりに観客に愛されたため(続く2作目はそれほどでもなかったが)、世間では「あの思い出をそのままにしておいてほしい」との想いと「もう一度、別のストーリーを観てみたい」との想いがないまぜになり、新作の到来がもはや「怖いもの見たさ」となって淀み続けていたように思う。もっと言うと、大方の観客にとっては新作公開と同時に「やっぱり駄作!」と烙印を押す心の準備すらできていたに違いない。 多分、今回の新作も日本でいろいろ言われるだろうし、すでに世界中で様々な評価も出ている。そんな中、私自身、どうだったかというと・・・

» 続きを読む

|

2016/08/02

『秘密』織田梨沙インタビュー

映画版『るろうに剣心』やNHK大河ドラマ「龍馬伝」などでもお馴染み、大友啓史監督が放つ最新作『秘密 THE TOP SECRET』。もうじき公開を迎える本作で映画初出演を果たした織田梨沙さんにお話を伺いました。これから一体どんな活躍を見せてくれるのか本当に楽しみです。

織田梨沙『秘密 THE TOP SECRET』インタビュー/NeoL

映画も、そしてインタビュー記事もぜひご覧ください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

ターザンとジャングルブック

TVのCMで壮大な音楽に合わせジャングルが映し出されるたびに、『ターザン』なのか『ジャングル・ブック』なのか分からなくなります。そう、日本ではこれらがほぼ同時に全国公開されるわけです。

実際に観てみるとノリも描き方も全く異なるのだけれど、歴史を紐解いてみると「ターザン」の原作そのものが「ジャングル・ブック」の影響を受けていたりと、その遺伝子を確実に受け継いでいる部分があるようです。そんな野生を目指す今夏のブロックバスター2本について書いています。

Legendtarzanmovie2016clips

『ターザン:REBORN』と『ジャングル・ブック』を比較/リアルサウンド

Thejunglebookmoviecast2016

両作品ともに主人公の出生部分の描き方はほぼ同じ。ジャングルで生まれ、野生動物に育てられ・・・そのせいか、既視感を覚えるシーンが度々ありました。どこが似ていて、どこが違うのか。見どころは何なのか。そして両作を鑑賞することで味わえる不可思議な感覚についても書いています。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/07/28

『めぐりあう日』インタビュー

648x415_celinesalettevussouhaiteetr

あなたが狂おしいほどに愛されることを私は願ってるーー『めぐりあう日』ウニー・ルコント監督インタビュー/NeoL

韓国で生まれ、両親の存在を知らないまま施設で育ち、その後は養子となってフランスへと渡った異色の経歴の持ち主、ウニー・ルコント。この女性監督が紡いだ長編第2作目となる『めぐりあう日』が今週末より順次公開されます。 彼女にしか紡ぐことのできない視線、物語、親子関係、ファッション、風景、息づかい。様々なところに発見のつまった作品でした。そんなルコント監督へのインタビュー、お時間ございましたらご覧ください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/07/21

ロック・ザ・カスバ!

ビル・マーレイ主演の珍作『ロック・ザ・カスバ!』についてレビューしています。

Rockthekasbah2015

ビル・マーレイがアフガンでロックを叫ぶ!?異色コメディ『ロック・ザ・カスバ!』の挑戦

ザ・クラッシュの名曲をタイトルにするとは、なんと恐れ知らずで、大胆不適な。。。こんな所業が許されるのも主演がマーレイだからこそ。劇中では彼が上手いのか下手なのかなんとも言いようのない「Smoke on the Water」を熱唱する場面もあります。なにはともあれ、ビル・マーレイを語る上では欠かすことのできない一作かと。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/07/13

ファインディング・ドリー

映画.comで「ファインディング・ドリー」のレビューを執筆しました。

もう前作から13年も経つのか、、、と感慨深い気持ちに浸りながら観てしまいました。すっかりパパ、ママになった人もいれば、職場の中で後輩や部下に囲まれ、泳ぎを教わる側から教える側になってる人も多いことでしょう。

けれどこのおなじみのキャラクターたちはほとんど歳を取っていないんです。なにせ今回のおはなしは前作からたった1年後、という設定。それはそれで、彼らには彼らなりの歳の重ね方があるような気がして、不思議な余韻がこみ上げてきました。

いよいよ今週末の公開です。ぜひご家族揃ってご覧ください。


この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

«TOO YOUNG TO DIE