2018/05/06

ホース・ソルジャー

思えば最近、ジェリー・ブラッカイマー製作の映画にお目にかかる機会がめっきりと減った。90年代から00年代にかけて、特に『ザ・ロック』や『アルマゲドン』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの頃は、あの道脇の木に落雷するプロダクションマークが映画の高揚感を否応なく高める序曲の一部だった気がする。同じような勢いが再来することはないにしろ、久方ぶりに「そうそう、このノリ!」と笑みがこぼれそうになったのが『ホース・ソルジャー』だ。今回は想像力を駆使した荒唐無稽な戦場アクションというわけではない。きちんと史実に基づく、それも9.11以降のアフガン戦線において長らく軍事機密として伏せられてきた内容の映画化だという。

12_strong

原題を『12 Strong』と銘打っている割には、12人のキャラクターを満遍なく印象付けるには尺も描写も足りない。が、少なくともクリス・ヘムズワースとマイケル・シャノン、それにマイケル・ペーニャあたりの個性は彼らの演技力も相まって実に際立っている。絶妙な呼吸や些細なやり取りで怒りや戸惑いやおかしみを分かち合うヘムズワースとシャノンの関係性は本作のまさに大黒柱となる部分だ。それに上官役としてブラッカイマー映画の常連であるウィリアム・フィクトナーが顔を出しているのも嬉しいところ。気になって調べると、フィクトナーもすでに還暦を超え、ブラッカイマーに至ってはもう74歳だという。そりゃ、製作本数が減少するわけだ。

» 続きを読む

|

2018/05/01

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

映画.comにて『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のレビューを執筆しました。ご興味おありの方は是非ご覧ください。

本作は北米のオープニング週末興収にて2億5570万ドルという桁違いの数字を叩き出し、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を上回る歴代最高記録を樹立しています。これから興収がどれくらいまで伸びていくのか見当もつきませんが、きっとこれまた北米興収のトップに君臨する『フォースの覚醒』(9億3660万ドル)を脅かすほどの猛追を見せてくれることでしょう。

*ちなみに時間軸からすると本作の直前に位置する『マイティ・ソー バトルロイヤル』のレビューも執筆しておりますので、参考までにご覧いただければ幸いです。

さてさて、上記のレビューは基本的にネタバレなしで書いていますが、でも実際問題として今回の『』アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』は、見た後にどうしても今後の展開を予測してあれこれ語りたくなる映画でもあります。以下、結末にモロに触れていますので、本編をご覧になった方のみ、個々の責任のうえでお読みください。


*******************

*******************

» 続きを読む

|

2018/04/25

モリのいる場所

映画.comに『モリのいる場所』のレビューを執筆しました。本作は『キツツキと雨』や『横道世之介』などの名作で知られる沖田修一監督による最新作。画家であり書家でもあった熊谷守一(モリ)とその妻の「たった一日」を描いた物語です。気になっている方は是非お読みいただければ幸いです。

本作を観た後、どこか近場でモリの絵画を直接鑑賞できるところはないものかと調べてみたところ、ありました!『モリのいる場所』の舞台でもあるご自宅が、今では美術館になっているとのこと。しかも池袋のひとつお隣の、要町駅から歩いて8分のところにあるそうなので、これはもう行ってみるほかないでしょう。というわけで、映画の余韻を携えたまま、「豊島区立  熊谷守一美術館」へ足を運んでみました。

Img_3162

» 続きを読む

|

2018/04/17

レディ・プレイヤー1

スピルバーグのフィルモグラフィを紐解く時、最も重要なのは「『シンドラーのリスト』と『ジュラシック・パーク』をを同一年(1993)に送り出したこと」だと私は思っている。『シンドラー』の撮影があまりに精神的に堪えるものだから、しょっちゅうロビン・ウィリアムズに電話して笑わせてもらっていたというのは有名な話だが、この二作を同時期に撮ったのに、何らかの「振り子作用」があったのは確実である。

ふとそんなことを思い出したのは、『ペンタゴン・ペーパーズ』と『レディ・プレイヤー1』もほぼ同時期に生まれたからだ。片や今の時代に必要な圧倒的なまでのリアリズム映画であり、片や実写撮影のみならずCGを駆使してイマジネーションを炸裂させた映画。実のところ『レディ・プレイヤー1』は2016年に実写部分の撮影が行われ、その後、膨大なCG作業の仕上がりを待つ間、スピルバーグは2017年に驚くようなスピードで『ペンタゴン・ペーパーズ』を撮り上げたのだとか。今のタイミング、この組み合わせでなければ生まれ得なかった正反対の双子、というのは言い過ぎだろうか。

さて、そんな本作を恐る恐る紐解くと・・・冒頭から未来世界なのになぜか80年代の空気が吹き込んでくる。懐かしき「Jump」が流れ、さらにTears For Tearsの「Everybody Wants To Rule The World」のイントロが流れ出した時には、前に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のオープニングで10ccの「I’m not in Love」が飛び出した時みたいに驚いて胸の内側がジワッと湿り気を増していくのを感じた。

» 続きを読む

|

2018/04/14

『さよなら、僕のマンハッタン』劇場パンフ

4月14日より公開を迎える『さよなら、僕のマンハッタン』。

この映画の劇場用パンフレットに、マーク・ウェブ監督に関するコラムと、過去作のレビューを寄稿させていただきました。ご鑑賞の記念にぜひお手に取ってご覧下さいませ。

Img_3137

|

女は二度決断する

Ausdemnichts2017filmplakatrcm590x_2

ドイツの名匠ファティ・アキンの作品を初めて観たのはイギリスのとある映画館だった。何とは無しに『Head-on』(邦題は『愛より強く』)チケットを買い求めたところ、これが脳天から頭をカチ割られたみたいな衝撃作。終映後、居合わせた2、3人の観客同士で、すごかったね、衝撃的だったね、などと言いながら興奮が収まるのを待ったものだった。ミニマルでパンキッシュなストーリーは今なお私の脳天を記憶の内部から刺激してやまない。あんな劇場体験は今後もう二度と得られないだろう。

あれから13年が経ち、アキンの作風は、随分と骨太さ、重厚さを増したように思う。そして今回の『女は二度決断する』ほど「死」や「憎悪」といった深刻なテーマに真正面からぶつかっていったのは初めてじゃなかったか。悲劇は仲睦まじい家族に突如として襲いかかってきた。爆弾テロによって夫と息子を喪ったヒロインは、絶望のどん底でのたうちまわる日々を過ごしながら、やがて法廷で容疑者と対面することとなる。

» 続きを読む

|

心と体と

*以下、『心と体と』のレビューです。読む人によってはネタバレと受け止める箇所があるかもしれません。各自の判断でお読みください。

Onbodyandsoultestroleslelekrol123_2

不思議な、とても不思議な映画を見た。ハンガリーから届いた作品だそうだ。かつて『私の20世紀』というとてつもなく惹かれるタイトルの、しかもパッケージがとてつもなく魅力的な映画DVDがリリースされていて、喉から手が出るほどほしかったが価格が高くて断念したことがあった。その監督による18年ぶりの新作とのこと。物語は幻想的なオープニングから幕を開ける。自然の中、雄鹿と雌鹿が、つぶらな瞳で互いを見合っている。ただそれだけなのだが、そこから鹿たちが陽光を見つめ、同じ陽光を人間たちが見つめるカットに切り替わる。観客としては幻想からいきなり現実へと連れ戻された形だが、このカットが見事。この導入部だけを見てもイルディゴー・エニェディが伝説の監督と呼ばれることに諸手を挙げて賛成を表明したい。

» 続きを読む

|

«『ウィンストン・チャーチル』関連の執筆記事