2021年12月30日 (木)

『長く熱い週末/The Long Good Friday』

2021年もあとわずか。今年は執筆や調べ物、裏方、はたまた人と人の間に入ってのお仕事など、おかげさまで例年になくバタバタと動き回っていた気がします。

ようやく年内に済ませるべき仕事を終え、じっくり腰を落ち着けて鑑賞できたのがこの1980年公開のイギリス映画『長く熱い週末/The Long Good Friday』。ボブ・ホスキンス演じるギャングの親玉が、テムズ川下流付近に広がる荒廃したドックランズ(Docklands)の再開発を担おうと、出資者相手に接待、パーティと様々な手を尽くすなか、その足を掴んで引きずり下ろそうと、殺人、爆発といった事件が身近で頻発するーーーという内容。

 

» 続きを読む

|

2021年12月24日 (金)

キングスマン劇場パンフレット

『キングスマン ファースト・エージェント』の劇場パンフレットに寄稿させていただきました!
昨日、見本版が届きましたが、封を開けた瞬間、金色のロゴマークにおそれおののきました。多少無理すればジャケットのポケットに忍ばせられるくらいのサイズです(なんでそんな写真を撮ったのかは謎です)。

マシュー・ヴォーン監督の作品を全て見直しまして、そこに一貫して響くテーマ性について論評しております!もしご興味ありましたらぜひ!

Img_4019-2

Kings02

Kings03

|

2021年12月21日 (火)

キングスマン・ファースト・エージェント

荒唐無稽なキャラ、アクション、語り口にジェットコースターのごとく揺さぶられる131分。マシュー・ヴォーン監督が第一次世界大戦下のヨーロッパ情勢のリアルとフィクションを手のひらで巧みに転がし、時にはヴォーンらしからぬ胸にグッとこみ上げる重厚な響きも。そしてやっぱりレイフ・ファインズはいつもながら最高に素敵。そんな『キングスマン』新作についてレビュー執筆しました。

|

2021年12月20日 (月)

BELUSHI ベルーシ

ジョン・ベルーシって知ってますか? 

僕はリアルタイムでは全くその存在を知らず、後に『ブルース・ブラザーズ』や『1941』を観て”後追い”で彼のことを知った世代。ずっと太っちょで、豪快で、身軽で、歌がうまい、くらいの短絡的なイメージにとどまっていたものの、現在公開中のドキュメンタリー『BELUSHI ベルーシ』を見て初めて、その裏側にあった身を切るような寂しさや不安や悲しみに触れることができた気がします。

そんなわけで映画『BELUSHI』に触発され、いろいろ調べ始めた結果、この映画には盛り込まれていない「ゴーストバスターズ原案のこと」や「ジョンとスピルバーグの関係性の話」などまで掘り起こしてしまいました。

Johnbelushi

この「してやったり」な顔が気になったら、ぜひCINEMOREの記事をご覧ください。

|

2021年11月27日 (土)

文藝別冊スピルバーグ特集

本日発売の文藝別冊「スティーヴン・スピルバーグ特集」に4000文字ほどの原稿を寄稿させていただいております。久々にスピルバーグ作品を見直して、非常に楽しくて意義深いひとときでした。

書き始める頃、4歳になる姪と久々に再会しまして、「一緒に映画を見たい」と言うので、手元にあった「E.T.」と「未知との遭遇」のDVDを提示して「どっちが見たい?」と聞くと、「うーん、こっち」と姪は俄然「E.T.」推し。一緒にこの20世期の名作を鑑賞したことは多分、一生涯の思い出になりそうです。

執筆原稿の見出しタイトルは、リンク先にも表記してあります。

お近くの本屋さんに立ち寄られた際には、ぜひお手にとって見ていただけると幸いです。よろしくお願いいたします

|

2021年11月 9日 (火)

エターナルズ

更新が滞りがちですみません!10月、11月は何かとバタバタしっぱなしで。

そんな中、映画.comにてマーベル映画の最新作『エターナルズ』のレビューを執筆しました。『ノマドランド』のクロエ・ジャオ監督が手掛けているだけあり、これまでのどのマーベル作品とも全く異なる手触り、語り口、時間の流れ。世間の評価が割れていることに納得しつつも、個人的にはこの斬新な味わいを楽しませてもらいました。ジャオ監督、続いて向かう先は、一体どんな作品なのでしょうか。ずっと注目し続けたい才能の一人です。

|

2021年9月 3日 (金)

『モンタナの目撃者』パンフ寄稿しました

『モンタナの目撃者』の劇場用プログラムに寄稿させていただきました。

Those_who

脚本、監督を務めたテイラー・シェリダンについて、そして彼の過去作紹介、シェリダン作品にまつわる地理やテーマ解説などについて4Pにわたって執筆しております。ぜひお読みいただけますと大変嬉しいです。よろしくお願いします!

|

2021年9月 1日 (水)

シャン・チー/テン・リングスの伝説

かつてデスティン・ダニエル・クレットン監督の『ショート・ターム』で大感動した身としては、今や彼がこうしてマーベル映画を担う存在になったことに一人勝手に感無量です。今週末から公開の『シャン・チー テン・リングスの伝説』のレビューを執筆しました。ご興味ある方はぜひお読みいただけると嬉しいです

|

ディープ・ブルー

果たしてB級映画か、それとも二番煎じの仮面を借りた傑作なのか。僕の周りでは『ディープ・ブルー』に対する評価が本当に十人十色。それでも「サミュエルの出てくるシーンは最高だけどね」という意見においては誰もが一致しているようです。そんなわけでCINEMOREに記事を書かせていただきました。

サミュエル・L・ジャクソンの最高かつ衝撃的なシーンはいかにして生まれたのか?/CINEMORE

ご興味ある方はぜひお読みいただければ幸いです。

 

|

2021年8月12日 (木)

ジュゼップ 戦場の画家

映画.comにて「ジュゼップ 戦場の画家」のレビューを執筆させていただきました。つくづく、自分の言葉だけではなかなか表現し尽くすことのできない優れたアニメーション作品だなあ、と。74分間、本当に様々な思いが込み上げました。人は生涯のうち、あの画家と憲兵のような関係性をどれほど築けるのだろう。ジュゼップ・バルトリのことをもっともっと知りたくなる映画です。セザール賞では長編アニメーション部門賞を受賞。

|

«クライング・ゲーム