« トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング | トップページ | クルエラ »

2021年5月 5日 (水)

ハリーとトント

CINEMOREに『ハリーとトント』について書きました。自分が生まれる前に封切られた本作ですが、日本でも大きな人気を博したそうで、DVDの音声解説ではその時の反響についてマザースキー監督が嬉しそうに語る場面が印象的でした。

老人と猫のロードムービー『ハリーとトント』が軽やかに引用するシェイクスピア「リア王」のエッセンス

元来、動物と子供は予測不能と言われますが、このハリーという名の御老人の行動も大いに予測不能。そこがだんだんと味わい深く、そして楽しくなっていく名作です。

 

監督:ポール・マザースキー、出演:アート・カーニー、エレン・バースティン、ジェラルディン・フィッツジェラルド
Harry and Tonto (1974/アメリカ)116min.


全般ランキング

|

« トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング | トップページ | クルエラ »