« クルエラ | トップページ | ブラス! »

2021年6月 1日 (火)

パイレーツ・ロック

リチャード・カーティスが監督した『パイレーツ・ロック』について書きました

未公開シーンに刻まれた、名匠リチャード・カーティスのビートルズへ捧げる熱い想い/CINEMORE

カーティスのビートルズ好きは最新脚本作『イエスタデイ』からも存分に伺えましたが、彼の3本の監督作にもそれぞれにビートルズ愛が刻まれています。そのあたりについて掘り下げてみました。

余談ですが、この『パイレーツ・ロック』はクライマックスが『タイタニック』的で、それを超えたところにダンケルクの救出作戦を思わせるような描写が待っています。DVDの音声解説では「いつかダンケルクの戦いを題材に映画を撮りたい。この描写は(現時点での)その代わりだよ」という言葉も。しかもそのシーンのバックにはハンス・ジマー作曲の音楽が。のちにノーランがジマーを音楽担当に据えてヒット作『ダンケルク』を作ったことを踏まえてみると大変面白い偶然に思えてなりません。

|

« クルエラ | トップページ | ブラス! »