« シネコンウォーカー6月号 | トップページ | ボイリング・ポイント »

2022年6月27日 (月)

ブラディ・サンデー

ポール・グリーングラス監督の『ブラディ・サンデー』について書きました。

『ブラディ・サンデー』観る者すべてを圧倒する生々しい臨場感はいかにして描かれたのか?/CINEMORE


この映画が世に出てから丸20年。そして本作が描いた北アイルランドの血の日曜日事件からは50年。その節目の年として、もう少し注目してもいいのではないかという思いから、本編を再見してみました。相変わらずとてつもない臨場感と、身を切り裂くような悲しみがほとばしる作品です。

|

« シネコンウォーカー6月号 | トップページ | ボイリング・ポイント »