2019/08/14

アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜

2013年に製作されたロマンティック・コメディ作品『アバウト・タイム』について書きました

『アバウト・タイム』シンプルなタイムトラベルが気づかせてくれる宝物のような日常の輝き/CINEMORE

「家族っていいな」という映画であり、なおかつ「ありふれた日常にこそ幸福がある」という映画でもあります。当たり前のことなんだけれど、名匠リチャード・カーティスが描くとこんなにも温もりと優しさに満ちた映画になるという。。。これもまた一つの魔法のような気がします。

気になった方は是非お読みいただけますと嬉しいです。

過去のCINEMORE執筆記事はこちらから。

映画.comの執筆記事はこちらから。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/08/03

スパイ・ゲーム(2001)

トニー・スコット監督が2001年に手がけたサスペンス・アクション『スパイ・ゲーム』について書きました。

Spy_game

ヘリ撮影シーンから垣間見えるトニー・スコットの意匠/CINEMORE

CINEMOREでは先々週にロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』について取り上げ、先週はブラッド・ピット主演の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』について書き、その流れで私の中で二人に関する興味関心が高まっていたこともあり、あまたあるトニー・スコット作品の中から本作をチョイスさせて頂くことに。他の作品について読みたかったと思われる方もいらっしゃるかもしれません。またの機会がありましたら書いてみたいと思います。

その他、CINEMORE執筆記事はこちらから。

映画.comの執筆記事はこちらから。

 

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/08/01

ワイルド・スピード スーパーコンボ

いよいよ明日から公開となる『ワイルド・スピード スーパーコンボ』について書きました。

ソリが合わないという点では全くぶれない二人の最強バディ・ムービー/映画.com

暑い夏にあえて激辛メニューを食べるかのような限界越えムービー。小難しいこと一切なく、頭を空っぽにして楽しめる作品です。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/07/27

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

いよいよ全米公開を迎えたクエンティン・タランティーノ最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』について書きました

タランティーノが万感の想いで描く、映画界の激変期”1969年”へのラブレター/CINEMORE

2時間41分、タランティーノの映画愛がぎっしりと詰まった素晴らしい作品です。TVスター役のディカプリオと彼の専属スタントマン役のブラッド・ピットが織り成す、おかしくも深くて強い絆がまた最高。観る側の自分もまた、この街の濃密な記憶をゆっくりと泳ぎ渡っていくかのようでした。日本公開は8月30日。気になった方は是非お読みくださいませ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/07/21

引き裂かれたカーテン(1966)

アルフレッド・ヒッチコックが1966年に監督したスパイ・サスペンス『引き裂かれたカーテン』を鑑賞。鉄のカーテンを超えて東ドイツへと亡命する物理学者役(ポール・ニューマン)と、そのフィアンセ役(ジュディ・アンドリュース)をめぐる、謎が謎を呼ぶストーリー。果たして主人公の真の狙いとは!?

» 続きを読む

|

2019/07/19

さらば愛しきアウトロー

映画界のレジェンドとも呼ぶべきロバート・レッドフォードがついに俳優業を引退。そのラストを飾る作品としてあまりに小粋で、カッコよく、なおかつ温もりに満ちた仕上がりとなった『さらば愛しきアウトロー』について書きました。

レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』を託された若手監督の奮闘/CINEMORE

監督を務めたデヴィッド・ロウリーは1980年生まれの新鋭ながら、これまでにアーティスティックな作品からディズニー大作まで幅広いジャンルを手がけている注目株です。以前、彼の『ア・ゴースト・ストーリー』についても執筆したことがありますので、そちらも併せてご覧いただければと思います。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/07/14

炎のランナー(1981)

ふと気になって数えてみたら、CINEMOREに書かせていただいた記事本数がこれでちょうど100本に達していました。

最初から「100本目指して頑張ろう」とか決め打ちしていたら多分途中で投げ出していたと思う。この媒体では新作のみならず、過去の名作について取り上げることも多く、これまで映画ライターとして「実はこの名作、観てないんですよ」とは口が裂けても言えなかった作品を一つずつ攻略していく日々でもあったように思います。本当に随分と勉強させてもらいました。

で、今回取り上げたのは『炎のランナー』。何もおのれの100本達成にふさわしい作品を選んだわけではなく(汗)、NHK大河ドラマ「いだてん」で7月7日に放送された回にいたく感銘を受けたからです。それで真っ先に思い出されたのが、1981年製作のこの映画でした。

Chariotsoffire

『炎のランナー』これぞスポーツ映画の傑作! ”走ること”に全てをかけた生き様/CINEMORE

2020年の東京オリンピックを迎えるまでに、ぜひ多くの人にご覧いただきたい作品です。イギリスでは2012年のロンドン・オリンピックに合わせて、この作品がデジタル・リマスタリングされて全国リバイバル公開されたり、また当然ながら街の至るところでこの映画のメインテーマが流れ、そして記憶に残っている方も多いでしょうが、オリンピック開会式ではMR.ビーンことローワン・アトキンソンが登場するくだりで世界中を大いに笑わせてくれました。そんなことにも思いを馳せつつ、お読みいただければと思います。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

«ヒッチコック『鳥』(1963)