« 幸せになるためのイタリア語講座 | トップページ | 『10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス』で、巨匠を囲い込んだパトロン風情を味わう。 »

2005/09/13

『10ミニッツ・オールダー イデアの森』で、巨匠の奏でる8つの哲学世界を目撃する。

「“時間”というテーマで10分間のショート・ムービーを」とのオファーに、恐れ多くも巨匠クラスの映画監督15人がこれを快諾。それそれに平等な予算と時間とが与えられ、ここにかつてないプロジェクトが始動した。劇場公開時にはこれらが2編へと分かれ、この「イデアの森」編には、“時間の謎”についてより深く、より濃密に迫った8作品が編纂された。そしてアンカーを努めるのがなんとあのゴダールだというのだから、これはとにかく凄い事態である。

ベルトルッチは白黒の映像美で巧みに寓話を語り、フィッギスはスクリーンを4分割してそれぞれに10分間ワンカット同時進行の視点を注ぎ込む。イジー・メンツェルは“とある俳優”の一生をフィルムで追いかけ、イシュトヴァン・サボーが描くのは夫婦の身に起こる「一寸先は闇」。クレール・ドゥニは列車の個室で交わされる哲学的な対話を展開させ、シュレンドルフが手掛けるのは“蚊”が人間世界を飛び回りアウグスティヌスの「告白」を朗読するという異色作。ラドフォードはまるで藤子不二雄を思わせる手法で唯一のSF世界を構築し、そしてラストを飾るゴダールは、自らのナレーションに乗せて1本につき1分の映像を10本という贅沢な時間を紡ぎだす。

どちらかというと、姉妹編の「人生のメビウス」の方が、ポップな仕上がりで観やすいことは確か。だが、本作「イデアの森」も決して負けてはいない。収録された各作品に直接触れてみて初めて気付くその濃密さには、思わずため息が漏れてしまうほどなのだ。いわば、時間についてそれぞれが哲学的考察へと踏み込んだ「実践編」といった具合。

個人的にとりわけ印象に残ったのはやはり、ゴダールの作品だろうか。『ゴダールの映画史』をも思わせる文字の挿入と貴重な映像群、そしてナレーションという詩的な融合に、人間の内面の奥底までをもすべて見通したかのような深い余韻が残る。


|

« 幸せになるためのイタリア語講座 | トップページ | 『10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス』で、巨匠を囲い込んだパトロン風情を味わう。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『10ミニッツ・オールダー イデアの森』で、巨匠の奏でる8つの哲学世界を目撃する。:

« 幸せになるためのイタリア語講座 | トップページ | 『10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス』で、巨匠を囲い込んだパトロン風情を味わう。 »