« 『SAYURI』を楽しむためには? | トップページ | 『珈琲時光』 »

2005/12/23

『誰も知らない』

80年代に巣鴨で起きた子供置き去り事件をモチーフに、しかし決して暗ーい作風になるわけでもなく、子供達の素の部分から引き出されるとてもリアルな演技で散りばめられている。

まずもって諸悪の根源ともいうべき母親役がYOUなのだから驚きだ。 彼女の飄々とした存在感は、その事件の当事者であるというかなり酷な立場をスルリとかわしてしまう。出演シーンでは子供達に優しく接し、それで突然フイと居なくなってしまうので、彼女に対する憎しみが沸いてくる暇がない。なんと不思議な人だろう。 そしてなんと絶妙なキャスティングだろう。

子供達も素晴らしい。それ、ぜったい演技じゃないだろう、というような意味不明の言動が宝石のように詰まっているし、彼らがもっと大人になってだんだんと理性が備わることで逆に失っていくものがあるのかと思うと、願わくばこの貴重な時間が少しでも長めに止まってくれればいいのに、と思ってしまう。

もちろんストーリーだけを追えば、それは子供達にとって地獄に等しい。にもかかわらず、彼らの日常の中にいくつもの奇跡のような場面が存在したことが俄かには信じられなかった。なるほど、絶望を絶望として捉えるだけでは意味がないのだ。そこに別次元の肌触りを取り入れることによって、幸福も絶望もより鮮明に浮かび上がるようになる。そしてこの是枝マジックの凄さは、そこに仄かに神秘的な空気が現れるまで綿密な下準備を行い、そしてひたすら待つことにあるのだと思う。ドキュメンタリー出身ならではの忍耐強さがここにはある。

社会一般にとっての“傑作”かどうかは、人によって感じ方が異なるだろう。 だが、是枝作品の文脈からするとそのスタイルがまた幅を広げてきたことは明らかで、彼の方法論が日本の映画界に与える影響は今後ますます大きくなるに違いない。

|

« 『SAYURI』を楽しむためには? | トップページ | 『珈琲時光』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/15857111

この記事へのトラックバック一覧です: 『誰も知らない』:

« 『SAYURI』を楽しむためには? | トップページ | 『珈琲時光』 »