« 『LOVERS』 | トップページ | ザ・ライブカメラ・ショウ~それはアートになり得るかどうか?~ »

2006/05/29

弟59回カンヌ国際映画祭

つい先ほど、第59回カンヌ映画祭の授賞式が閉幕しました。ありがたいことにムービープラスで生中継していたので、メモ代わりに記録を残します。間違っているところがあれば徐々に修正・加筆していきたいと思いますが、しないかもしれません(気まぐれなので)。少なくとも受賞内容だけは確実です。

●司会のヴァンサン・カッセルの紹介により、審査員長のウォン・カーウァイをはじめ、モニカ・ベルッチ、ティム・ロス、サミュエル・L・ジャクソン、チャン・ツィイー、ヘレナ・ボナム・カーター、パトリス・ルコント、エリア・スレイマン、ルクレシア・マルテルらが登場。カーウァイは「私は普段、脚本というものを一切使わないが、今日のセレモニーだけは別」と切り出し、「今年は“抑圧”を描いた力強い作品が多かった。私達はそれぞれに“新しい展望”を見出すことに努めました。それにしても、審査することに比べれば、映画を作ることなんて本当に簡単なものですね」。

パルムドール

カーウァイが「私達は温かい感動に包まれ、全会一致で決定した」と発表したのは、ケン・ローチ監督作『THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY』。しばらく仏語で挨拶した後に「それでは英語で…」と仕切りなおしたローチは、「本作は小さな一歩ではあるが、過去を問い直すことで現代を問い直すことにも繋がると思っている」。本作は1920年代のアイルランド独立運動を舞台にした物語。キリアン・マーフィー主演。

グランプリ

ブルノ・デュモン監督作『Flandres(フランドル)』が受賞。戦争のもたらした恋人達の精神的影響について描いた物語。これが4作目となるデュモン監督は、過去に『ユマニテ』でカンヌ審査員賞を受賞したことがある。「フランス映画に名誉を与えてくれて感謝します。この賞を何より主演のふたり(アデライデ・ルルー、ジャン=ピエール・アンギエール)に捧げたい」とスピーチ。

監督賞

『バベル』アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が受賞。メキシコ、アメリカ、日本など、3つの大陸をめぐる多重構造の物語ということで、同様のスタイルを持つ『アモーレス・ぺロス』『21グラム』に連なる3部作の最終章(物語的には連続性はない)として製作された。出演にはケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、ブラッド・ピット、役所広司ら。「世界中がこのプロジェクトに参加してくれたことに感謝すると共に、それに伴っていろんな国を彷徨って生活することを余儀なくされた私の子供たちにも心から感謝したい」。

女優賞

ペドロ・アルモドバル監督作『Volver(ヴォルベール)』に主演したペネロペ・クルス、カルメン・マウラをはじめとする女優全員が受賞。ステージに立った女優陣からは、それぞれにペドロへの深い感謝の言葉が表明された。最後を飾ったペネロペ・クルスも「この賞は本当はペドロのためのものです。あなたは偉大で、勇敢で、そして私達の人生に多くの魔法をもたらしてくれた。あなたが世界中の女性達にもたらした功績に感謝します」。

男優賞

第二次大戦期、フランスによって戦争に駆り出された植民地の原住民部隊について描いたラシッド・ブシャール監督作『Indigenes』の男優全員が受賞。その中のひとりジャメル・ドゥブーズは最近だとリュック・ベッソン監督作『アンジェラ』に主演している。コメディアンとしても有名な彼は「審査員に感謝したい。特にモニカ・ベルッチに」と言い、審査員席にいる彼女のもとへ走っていき、すかさずキス。また中央マイクに戻っては、「あ、サミュエルにもね!」と再び審査員席まで走ってサミュエル・L・ジャクソンと手をパチンとやりあっていた。数人に及ぶスピーチは「原住民部隊の歌を歌いたい」との出演者全員の斉唱によって締めくくられた。

脚本賞

『ヴォルベール』ペドロ・アルモドバルが受賞。今年の授賞式ははじめから終わりまでアルモドバルに惜しみない賞賛が寄せられていた。その象徴が主演女優賞とこの脚本賞に集約されている。「これまで私はひとりで脚本を書いていたが、今回は姉妹たちに囲まれながら執筆した。彼女たちに心から感謝したい」。

審査員賞

アンドレア・アーノルド監督作による初の長編作『Red Road(レッド・ロード)』。カンヌでの正式上映後に英国に帰っていたものの突然呼び戻されたという。「5時間前までイギリスにいたなんて信じられない…」。スコットランド人の彼女は、2005年のアカデミー賞で『WASP』という作品が短篇賞を受賞した経験を持つ。

カメラドール『2:37』・・・Murali K. Thalluri

短篇賞『Sniffer』

|

« 『LOVERS』 | トップページ | ザ・ライブカメラ・ショウ~それはアートになり得るかどうか?~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弟59回カンヌ国際映画祭:

« 『LOVERS』 | トップページ | ザ・ライブカメラ・ショウ~それはアートになり得るかどうか?~ »