« 『インサイド・マン』は“頭のいい映画”であり、同時に列記とした“エンターテインメント”でもあるのが素晴らしい。 | トップページ | 『弓』は武器であり、同時に楽器でもある。 »

2006/06/30

『M:i:Ⅲ』の裏切りが小気味よかったり微妙だったりすること。

あのテーマ曲から予想される、ハラハラドキドキの胸の高まりは見事に裏切られる。なにしろ今回のミッションは、冒頭から大上段に振り下ろされるニードルのような鋭さが炸裂。もちろんその理由には『カポーティ』でオスカー俳優に輝いたばかりのフィリップ・シーモア・ホフマンの得体の知れない存在感が挙げられる。当初より話題となっていたこのキャスティングだが、紳士的かと思えば次の瞬間には冷酷な言葉を淡々と吐き続けるホフマンの演技は他の出演者に比べて圧倒的であり、それに抗して「俺も負けるか!」とばかりに演技合戦へ乗り出してくるトムの姿も勇ましくはあるが、はっきり言ってホフマンは成功法で勝てる相手ではない。というわけで、もはやこのスパイ(本来、肉弾戦を避ける存在だからこその“スパイ”なのだが)シリーズは、あらゆる意味を込めて前人未到の異様なテイストを醸成しはじめる。

そもそもⅠではデ・パルマの軽妙さとギミックとが正統派のスターターとなり、Ⅱではジョン・ウーの遊び心が映像の「格闘ゲーム化」を促進させた。今回の登板となった映画初進出J.J.エイブラハム(「エイリアス」「LOST」)は、シリーズの“縦ライン(伝統)”を踏襲しつつも、ストーリーにおいて主人公のパーソナルな部分にグイと踏み込み、さらには同僚、そして部下といった人間関係にまで描くという“横ライン(状況)”の拡大によって独自色を注入している。

この試みを、世界中で長年親しまれる「スパイ大作戦」の延長と捉えるか、あるいはそれを口実としたトム流アクションヒーロー列伝と捉えるかは、あなたのメンタリティ次第だ。もちろんこれまで新作ごとにアクションの定義を更新し続けてきた大人気シリーズらしく、矢継ぎ早に繰り出されるタイトなアクションはまさにお釣りが出るほどのクオリティと断言できる。とりわけ予告編でも登場する、爆破の衝撃でトムの身体が吹き飛ばされたあげく車体にぶち当たるというシークエンスをはじめ、これまでのアクション描写にはない意表を突く見事なフェイントの数々が観客の目を極限まで楽しませてくれる。

|

« 『インサイド・マン』は“頭のいい映画”であり、同時に列記とした“エンターテインメント”でもあるのが素晴らしい。 | トップページ | 『弓』は武器であり、同時に楽器でもある。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/10729639

この記事へのトラックバック一覧です: 『M:i:Ⅲ』の裏切りが小気味よかったり微妙だったりすること。:

« 『インサイド・マン』は“頭のいい映画”であり、同時に列記とした“エンターテインメント”でもあるのが素晴らしい。 | トップページ | 『弓』は武器であり、同時に楽器でもある。 »