« EYESCREAM<アイスクリーム>発売中 | トップページ | 『愛されるために、ここにいる』 »

2006/12/31

さようなら2006~今年のベスト10~

毎年恒例、大晦日に実家の大掃除に勤しみながら、その休憩ついでに独断と偏見で2006年ベスト10を決定します(ちなみに昨年のベスト10はこちら)。もう、映画としてのクオリティとかいっさい関係なし。そこには好き、嫌い、の二元論しか存在しません。選定ルールは簡単。バトル・ロワイヤル方式。リング内の150タイトル(鑑賞済みの2006年劇場公開作品/DVD、ビデオ、映画祭上映作は含まず)を、時間の経過と共にガンガン振り落としていきます。最後に残った10タイトルがそのままベスト10。どうです?画期的でしょ?(どこがだ)

最終更新 22:20

ベスト10を選んでいるうちに気づかされたのは、結局、「映画の評価」なんて個人的なものだってこと。なので、誰かに「そうそう!」って共感を得られるものや「映画のクオリティ」とかいった曖昧な基準ではなく、自分にとっていかに大切な映画となったか、といういまだにサンタを信じる少年のような純粋な気持ちで選びました。

■□■□■□■□■□■□
ただいまの生き残り数 10タイトル

1、君とボクの虹色の世界 (映画的なクオリティうんぬんの前に、これまで触れたことのないこの不思議な触感に涙が止まりませんでした。)

2、グエムル-漢江の怪物-(怪獣映画にして怪獣映画にあらず。あらゆるジャンルのミクスチャーとして、見事に現代を集約した一作。)

3、ゆれる(公式HP(誰もが目をそむける人間の深層心理を、驚くべき手腕でエンターテインメントとして切り分けた秀作。)

4、硫黄島からの手紙 (戦争という絶望を題材に、観客の目を過去ではなく未来に向けさせた、恐るべき老人の力技)

5、父親たちの星条旗 (戦場の混沌を理性に訴えかけた、いまだからこそ作り得た絶望の映画)

6、サンキュー・スモーキング(大事なのは、価値を押し付け合うことでなく、個人が選びとること。)

7、インサイド・マン(あのスパイク・リーがむしろ白く見えてしまうほど<←失礼!>に研ぎ澄まされた、人類愛に満ちたクライム・サスペンス。)

8、トゥモロー・ワールド(我々の現実も、まず状況に飲み込まれ、溺れながら何かに気付き、そして自らの意志で動き出す、そんな世界なんだと思う。)

9、愛されるために、ここにいる(まるで映画の教科書と呼びたいほどに、その小さな世界に人生のすべてを投影させた秀作。)

10、紀子の食卓(公式HP(園子温という怪人の描く多重構造の現代絵巻に、とにかく驚愕。)

■□■□■□■□■□■□

<11→15>

愛より強く/カクタス・ジャック/隠された記憶/リトル・ミス・サンシャイン/クラッシュ

<15→20>

カポーティ/マーダーボール/ハッスル&フロウ /マッチポイント/トランスアメリカ

<21→30>

麦の穂をゆらす風/ニューワールド/ナイロビの蜂/ホテル・ルワンダ/ヒストリー・オブ・バイオレンス/うつせみ/美しき運命の傷痕/花よりもなほ/グッドナイト&グッドラック/ミュンヘン/

<31→150(順不同)>オーロラ/合唱ができるまで/エラゴン/遺志を継ぐ者/ナオミ・ワッツ プレイズ エリー・パーカー/unknown アンノウン/ファイナルデッドコースター/アキハバラ@DEEP/トランスポーター2/心霊写真/青いうた~のど自慢青春編/ダ・ヴィンチ・コード/トム・ヤム・クン!/Vフォー・ヴェンデッタ/ファイヤーウォール/マクダル パイナップルパン王子/ダイヤモンド・イン・パラダイス/レジェンド・オブ・ゾロ/銀色の髪のアギト/僕と未来とブエノスアイレス/恋は足手まとい/カーズ/ オーメン/サージェント・ペッパーぼくの友だち/アンジェラ/明日の記憶/太陽に恋して/RENT/レント/クライング・フィスト/ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR/ラストデイズ/かもめ食堂/椿山課長の七日間/パプリカ/人生は、奇跡の詩/ヘンダーソン夫人の贈り物/夜のピクニック/ブラック・ダリア/Ruffn' Tuff ラフン・タフ/キャッチボール屋/手紙/HAZARDハザード/ワールド・トレード・センター/深海 Blue Cha-Cha/ゲド戦記/奇跡の朝/M:i:III/サイレントヒル/ジャケット/リバティーン/リトル・ランナー/ウォーク・ザ・ライン/君につづく道/ジャーヘッド/博士の愛した数式/オリバーツイスト/雪に願うこと/ミュージック・クバーナ/スーパーマン リターンズ/X-MEN:ファイナル・ディシジョン/あるいは裏切りという名の犬/スキャナー・ダークリー/記憶の棘/迷子/ローズ・イン・タイドランド/やわらかい生活/バッシング/デイジー/僕の大事なコレクション/スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~/メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬/ククーシュカ ラップランドの妖精/THE有頂天ホテル/僕のニューヨークライフ/ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女/ステイ/母たちの村/美しい人/胡同のひまわり/サムサッカー /長い散歩/16ブロック/弓/キングス&クィーン/ニューヨーク・ドール/GOAL!/ダーウィンの悪夢/無花果の顔/ホステル/トンマッコルへようこそ/フラガール/楽日/ハイジ/キンキー・ブーツ/ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン/ブロークバック・マウンテン/シリアナ/ Rise/エリ・エリ・レマ・サバクタニ/エミリー・ローズ/ママが泣いた日/マイアミ・バイス/このすばらしきせかい/デート・ウィズ・ドリュー/ 武士の一分/レイヤー・ケーキ/アメリカ、家族のいる風景/カミュなんて知らない/007/カジノ・ロワイヤル/パビリオン山椒魚/40歳の童貞男/ブロークン・フラワーズ/鉄コン筋クリート/ユナイテッド93/マンダレイ/好きだ、/白バラの祈り - ゾフィー・ショル、最期の日/2番目のキス/プロデューサーズ/レディ・イン・ザ・ウォーター/イカとクジラ/敬愛なるベートーヴェン

<場外に落ちた映画タイトルの皆様、2006年は大変お世話になりました!>

|

« EYESCREAM<アイスクリーム>発売中 | トップページ | 『愛されるために、ここにいる』 »

今年のベスト」カテゴリの記事

今年のベスト(2006)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/13276067

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら2006~今年のベスト10~:

« EYESCREAM<アイスクリーム>発売中 | トップページ | 『愛されるために、ここにいる』 »