« 『スパイダーマン3』 | トップページ | G.W.は本屋さんへ行こう »

2007/04/23

『堕天使のパスポート』

原題は“dirty pretty things”という。 はっきり言って、この邦題はちょっとやり過ぎな気もするのだが、まあ、いいか。とにかく久々に観てよかったと思える作品と出逢った。小粒ながらにピリリと辛い、とても熱いハートを秘めた良作だ。

舞台はロンドン。とはいっても鼻にかかった独特のブリティッシュ・イングリッシュはまったく登場しない。ここは、誰もがおぼつかない怪しげな英語を操る、いわばロンドンの裏社会だ。ここで暮らす移民や不法滞在者たちは、いつの日かパスポートを取得し、国家間を自由に行き来できるようになることを願っている。また、そのためならばどんなことだってまかり通るのが裏社会の怖いところだ。

ナイジェリア人の不法滞在者オクウェは、昼間はタクシー運転手、夜間はホテルのフロントマン。とにかく寝る間を惜しんで働く毎日を送っている。 彼がそこまで身をやつすのには実は誰にも打ち明けられない理由があるのだが、それは映画の後半で明かされる。

ある日、ホテルの一室のトイレが詰まり、彼がゴボゴボと突っついていると、なにやら内臓系のものがプカプカと浮かんでくる。故郷で医者を営んでいたオクウェにはそれが人間の心臓であることが瞬時に分かった。支配人に相談するが「このことは闇に伏せるように」と忠告を受ける。いったいこのホテルでは何が行われているというのか・・・?

いつしか事態は、同居しているトルコ人の女性シェナイをも巻き込んで、血なまぐさく、どうしようもなくシビアに展開していく・・・と思いきや、実のところそこにはファンタジー映画でも観ているかのような不思議な空気感が漂っており、その幻想的にいざなわれていく様子がとても心地よいのだ。

つまり本作は、とても小さな世界観の中で必要最低人数の個性豊かなキャラクターたちが織り成す、ちょっとだけ怪しくも、とびきりの愛に満ちた物語、ということになる。

オープニングとエンディングを固めるのは、元トーキング・ヘッズのデイヴィッド・バーンによる“Glass, Concrete and Stone”という曲。作品の多国籍なイメージを倍増させる“不思議の世界への招待&お見送り”というような曲調で、その浮遊感はいつまでたっても耳から離れない。

主演は『アメリ』『ロング・エンゲージメント』のオドレイ・トトゥ&『キンキー・ブーツ』『トゥモロー・ワールド』に出演したキウェテル・イジョフォー。監督は『クィーン』『がんばれ、リアム』のスティーブン・フリアーズ。

|

« 『スパイダーマン3』 | トップページ | G.W.は本屋さんへ行こう »

【地域:英国発】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/15856798

この記事へのトラックバック一覧です: 『堕天使のパスポート』:

« 『スパイダーマン3』 | トップページ | G.W.は本屋さんへ行こう »