« カンヌ映画祭が閉会しました | トップページ | EYESCREAM最新号、発売中 »

2007/05/31

『プレステージ』

 時は19世紀のロンドン。マジックのステージで起こったひとつの悲劇が、ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベイル演じるふたりの天才マジシャンの確執と、長年にわたる復讐&報復劇を生み出していく。

 『プレステージ』は、さすがにクリストファー・ノーラン作品ならではの格調の高さと、そして彼にしか成しえない“だんだん狂っていく”幻想性とがあいまった最高のエンタテインメントに仕上がっている。かといって、そこに分かりやすい世界が転がっているわけではなく、観客は「日記」というアイテムを紐解きながら、そしてその日記の中でさらに誰かが日記を読んでいるという2重構造に翻弄されながら、時制さえも何度となく往復する。そしてもちろん手品師が主人公であるのだから、そこにはトリックが付き物なのは言うまでもなく、そうなると事態の複雑さはことのほか深刻にもなり、観客としては俄かに背中のあたりが緊張してしまうわけなのだが、しかしノーランの演出は観客を振り回しながらも決して座席から振り落とすことはしない。黙ってスクリーンを見つめてさえおけば、洪水のように流れ落ちてくる情報量を条件反射的に振り分けて理解している自分がいることに気がつくはずだ。

 冒頭にマイケル・ケインが優しく語り掛ける。マジックには3つの段階、そこに種がないことを確認する「プレッジ」、合図によって何かが起こる「ターン」、そしてマジックが完結して観客の拍手喝采を浴びる「プレステージ(偉業)」があるのだと。彼がそう口にするとき、僕らはマジックのみならず、どうしても映画のことを考えてしまう。つまり、映画もマジックと同じエンタテインメントとして何らかのプレッジ、ターン、プレステージを持ち合わせているはずではないのか、と。しかし本作の中でその要素を探そうとも、マイケル・ケインの存在が観客と映画とを結びつける何らかの「プレッジ」の役割を担うのは理解しながらも、後のターン&プレステージについてはもう、あまりにいろんなことが起こりすぎるので、どこで息を呑んだら良いのか、どこで拍手喝采を贈れば良いのか分からず、ただ呆然としてしまうだけだ。そこはやはり『メメント』の段階で観客の常識を完全に覆すトリックを築き上げてきたクリストファー・ノーランのことだ。“マジック”を題材に取り上げながらも、映画のプレッジ、ターン、プレステージはさらに予想がつかず一筋縄ではいかないのだと、観客に密やかなウィンクを投げかけているようにも思える。

 そして本作がさらに次元を超えて面白さを放つのは、この2人のマジシャンによる因縁の対決が何か悪いものに憑りつかれたかのように尋常じゃなくなってくることだ。それは世の中におけるあらゆる場面で見受けられる悲劇であり、企業の研究開発、米ソ冷戦をはじめとする世界情勢にだってそれは刻印されており、それらは少なからず「犠牲」や「代償」を伴うものだった。ここでもうひとつ例を挙げるならば、そもそも「映画」だって生まれながらにしてリュミエールによるシネマトグラフ(投影式)VSエジソン陣営によるキネトスコープ(覗き穴式)という、両者の飽くなき闘いを運命付けられていたのであり、その因縁の対決はいまだ「映画館VSテレビ」という流れによって引き継がれているわけである。

 本作の中で姿は見えねど「エジソン」というワードが何箇所か浮上するのも興味深いところだ。発明王エジソンが、実はあらゆる発明の胚芽を嗅ぎつけては自分の陣営に引き抜くか、あるいは強行手段でもってそれを潰しにかかるといった荒業で特許を量産していったのは有名な話だ。本作の中盤でヒュー・ジャックマン演じるアンジャーが旅の果てにたどり着くニコラ・テスラという人物は、エジソンによる巨大な包囲網に抗いながらも後世に「プレステージ」を残した科学者である。そう、マジックを題材にしたストーリーは、いつしか科学の領域にまでたどり着く。これは科学の発達と人々の驚きとが同調していた19世紀という時代ならではの奇妙な「ターン」現象であり、そのキーパーソンをあのデイヴィッド・ボウイが神秘的に演じているのも見逃せない。

 はたしてこの物語がいかなる結末を掴み取ろうとしているのか。これ以上喋り過ぎるのは野暮ってもんだ。この映画が仕掛ける“プレステージ”の瞬間に、しかと瞠目して頂きたい。

プレステージ』は、6月9日より日比谷スカラ座ほか全国東宝洋画系にてロードショー

■もしもこのブログが参考になったら押してください→人気blogランキング

『プレステージ』の原作はクリストファー・プリースト著「奇術師」。手品をネタにしたローテクな物語かと思いきや、意外や意外、ひょいと境界線を踏み越えて幻想小説の様相まで呈してくる、とんでもない作品です。他にも「魔法」、「逆転世界」、そしてデヴィッド・クローネンバーグが映画化した『イグジステンズ』の原作もこの人です。もちろんこの特殊な世界観を巧みに現出できたのは、他ならぬクリストファー・ノーラン監督の卓越した映像手腕あってのこと。『メメント』『インソムニア』『バッドマンビギンズ』、どれをとってもノーラン作品にハズレなし。

このブログ筆者の日記はこちら

その他の最新レビューは倉庫に並べてあります

|

« カンヌ映画祭が閉会しました | トップページ | EYESCREAM最新号、発売中 »

【地域:英国発】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/15266213

この記事へのトラックバック一覧です: 『プレステージ』:

« カンヌ映画祭が閉会しました | トップページ | EYESCREAM最新号、発売中 »