« 『ショートバス』 | トップページ | 『傷だらけの男たち』 »

2007/07/16

『ファウンテン 永遠につづく愛』

「300文字レビュー」とは、映画への想いをたった300文字に凝縮させる、とてもお手軽な文系スポーツ。というわけで、今回のお題は『ファウンテン 永遠につづく愛』です。

僕らの頭は、奇才監督にどれだけ迫れるか?

スキンヘッドでふわりと宙に浮かび、涅槃の境地を探るがごとく瞑想に耽るジャックマン…。そのワンシーンだけで僕らは『π』や『レクイエム・フォー・ドリーム』に連なるアロノフスキーのトンデモぶりに瞬時接続できる。この特異な才能が織り成す本作のテーマは、“不治の病”。愛妻を襲ったその避けられぬ運命に抗おうと、主人公が現実世界、精神世界、そして“永遠の泉”をめぐる中世騎士の物語とを静かに横断していく。幻想的かつ多層構造なストーリーは、俄かにカルト臭を漂わせながらも、ギリギリの抑制力で唯一無二のオリジナリティを貫徹。この撮影を経て監督とレイチェル・ワイズが婚約したというサイド・ストーリーも合わせてご賞味あれ。

■この記事が参考になったら押してください→人気blogランキング

ファウンテン 永遠につづく愛
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ヒュー・ジャックマン、レイチェル・ワイズ、エレン・バースティン
(2006年/アメリカ)20世紀フォックス映画
7月14日より銀座テアトルシネマほか全国順次ロードショー


過去レビュー】【DIARY

|

« 『ショートバス』 | トップページ | 『傷だらけの男たち』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/15772059

この記事へのトラックバック一覧です: 『ファウンテン 永遠につづく愛』:

« 『ショートバス』 | トップページ | 『傷だらけの男たち』 »