« 『パンズ・ラビリンス』 | トップページ | 『ミス・ポター』 »

2007/09/22

『プラネット・テラー in グラインドハウス』

 タランティーノの『デス・プルーフ』と同じ気分でこのロバート・ロドリゲス版に臨んだならば、かなり肩透かしを食らうかもしれない。というのも、『デス・プルーフ』が映画という水槽を知り尽くした上で、その限界を1枚も2枚も超えた遊び心を発揮しているのに比べ、『プラネット・テラー』はむしろ既成の枠内にとどまり、時にはタランティーノっぽいことをやって水槽を飛び出してみようとファインディング・ニモ精神をたぎらせたりもするのだが、それは思いのほか不発に終わってバシャバシャと流れていく。

 つまり『デス・プルーフ』は真面目過ぎるのだ。テレビ東京の昼間2時頃にやってるようなB級アクション映画をそのまま見せる、というのがタランティーノ&ロドリゲスの正当な目論見だったとしても、なにも往年のグラインドハウス的なスカスカの中身まで踏襲することはないじゃないか。とにもかくにも今回の『グラインドハウス』、本当は『プラネット・テラー』→『デス・プルーフ』という順番で楽しむのが一番だったのだろうが、本国のように同時上映が叶わぬ日本においては、やはり『デス・プルーフ』で観客の士気を高めておいてそれで『プラネット・テラー』を消化してもらう、という興行的思惑が働くのも頷ける。

 しかし弁明のために言っておくならば、その真面目さこそがこの映画の最大の良心でもあるのかもしれない。片足を失ったヒロインがやがて義足代わりにマシンガンを装着して最後の戦いに挑むという画期的なヒロイン像は障害者福祉といった概念を根本から吹き飛ばす破壊力を持っているし(そもそも街中がゾンビだらけの状況下で障害者福祉もへったくれもないのだが)、ステーキ・ソースの研究開発に余念のないレストラン店主と街の巡査長が思わぬ具合に兄弟愛を発揮して「あのときのことは忘れないぜ」「ふっ、そんなこともあったな」的な常套手段という名の袋小路に観客をいざなう常套手段も場所とタイミングさえ選べば観客にとっていまだ有効なのだなと気づかせられる。

 また中盤で三池崇史の『サラリーマン金太郎 the MOVIE』的なことをやらかして平気でページを3章くらいすっ飛ばすタブーも(確信犯過ぎる確信犯とはいえ)悪くはない。だがそういう細やかな部品を集めて、大きなマジックを起こせなかった。そして不幸の原因は、ひとえにわれわれが『デス・プルーフ』を知っている、ということにあり、B級映画が大好きだと公言しながらも自作としては概念的にS級映画を作ってしまったタランティーノに比べ、ロドリゲスは真面目にB級文法を踏襲したというだけという話。恐らく上映の順番が逆ならば、我々はこの『デス・プルーフ』を「これは面白い!」くらいの勢いでスタンディングオベーションもので迎えたのかもしれない。

 個人的な思いからいえば、『プラネット・テラー』の醍醐味は本編ではなく、その前に上映されるフェイク予告編にこそある。大写しになるそのタイトルたるやメキシコ臭プンプン漂う「マシェーティ」。そして主演は、あのダニー・トレホ!これは実際には製作されていないが「ありそうな感じ」ギリギリを狙って作られたまさにパロディとしては完璧といえる偽の予告編なのだ。僕もこれを見ながらもう泣きながら笑った。しかしだからといって「マシェーティ」を90分の映画として観たいかと言われれば、さてどうかな、とあいまいな返事をしてしまう。きっとまたロドリゲスの手によって、その真面目さだけは理解できるが、結局のところ間延びした感じのB級作品が提示されるのが関の山なのだろうから。まあ、気分によってはそういう映画も悪くないと思えるときもあるにはあるのだが。

 それにしてもこのフェイク予告編、本国では『デス・プルーフ』と『プラネット・テラー』の同時上映のちょうど真ん中で他にも5、6本挿入されていたというのだから気になって仕方がない。どうやら版権の関係でNGとなったらしいのだが(TOHOシネマズ六本木で開催された2作一気観イベントにおいてのみ上映されたというのだが)、DVDリリースされたときには必ず特典映像として収録してもらいたい。これは絶対。約束だ。

■この記事が参考になったら押してください→人気blogランキング

で、遂にDVDリリース。コンプリートBOXにはやっぱり「フェイク予告編」が収録されている模様です!

------

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« 『パンズ・ラビリンス』 | トップページ | 『ミス・ポター』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/16534674

この記事へのトラックバック一覧です: 『プラネット・テラー in グラインドハウス』:

« 『パンズ・ラビリンス』 | トップページ | 『ミス・ポター』 »