« 『マイティ・ハート 愛と絆』 | トップページ | 『ペルセポリス』 »

2007/11/28

『大日本人』

 そろそろ2007年も締めくくりの時期となりました。

 今年いちばん僕の心を捉えた映画は何だったろうと、振り返ってみる。そして、ひとつだけ弾き出された検索結果。それは…

 『大日本人』だ。

 正直言ってこの面白さには震えが止まらなかった。

 僕は別に松本人志の信者ではないし、テレビ番組もそれほどチェックしているわけでもない。もちろん、この映画を劇場で観た多くの人がブログで酷評しているから逆に目立とうと思って、奇をてらって絶賛しているわけでも毛頭ない。

 この映画、もちろん世間が期待するようなテレビ的な大爆笑は皆無だ。むしろ身体の中の小さなツボに向けて微小の電流を間断なく流し続けたかのような刺激的な瞬間に満ちている。

 それは、松本人志の演じる純和風ヒーロー「大佐藤」とマネージャーのUAとが持ち前の関西弁をあえて標準語に矯正することによって生まれる微妙に居心地の悪いイントネーション(わざとやっている)に始まり、どこまで台本通りでどこからアドリブなのか境目の皆目分からないドキュメンタリー的色調に引き継がれ、トリッキーな節回しで観客を煙に巻く松本の演技や、終始なれなれしく大佐藤に問いかけるインタビュアー、無名ながら信じがたいほど自然な演技をする脇役陣も見ていてドキドキするほどのリアリティに包まれている。そうやって積み上げられた映画のトーンを、巨大化後のチープなゲーム感覚のCG画像&「大佐藤家」を物語る歴史映像によって瞬時に突き崩すリズム感も面白く、テイ・トウワの奏でる哀愁あふれる音楽も絶妙にはまっていた。

 そのすべてが個を主張するわけでもなく、全体的には恐ろしくも「余白」の多い映画として、何ら演出的な押し付けもなく、観客を放置プレーの奈落へと突き落とす。視聴率を気にした秒刻みの大爆笑の連続ではなく、数字には決して現れない些細な人間の感情を刺激する装置の数々に僕はこれまでにない映像の可能性を感じたし、ここで使われるあまりに自然な台詞には、チェルフィッチュの舞台を初めて観たときのような、人間の思考の裏側をゆく特殊な志向さえ感じた。

 すべての“ドラマ的なもの”を剥ぎ取ったときに生まれるこのナチュラルな思考の流れ、よどみない言葉の流れは、一般の観客よりもむしろクリエイターと呼ばれる“表現する側の人”にとって大きな刺激となったのではないだろうか。

 また、「大佐藤」と呼ばれるヒーローの救済範囲が日本だけという究極のローカル感も面白い。その状態がマンネリ化したときに生まれる“救われる側”の悪魔的感情への言及も意味深い。テレビへのアンチテーゼ?それとも平和慣れした日本のメタファー?そこらへの安易な深読みを口にするとその妙味がふっと消え去ってしまいそうな即時性の高い空気もここには確かに存在する。

 ラストに批判が集中しているが、あれは松本人志がいま一番「面白い」と思っている興味の中心なのだろう。「僕は遠慮しときます」と「ぜひ」の狭間にある、見ていてこそばゆくなるほどの軋轢。世界における日本の姿を象徴するこの微妙な構造を、別に批判するでもなく、爆笑を誘うわけでもなく、ただ「面白いね」っていうだけのスタンスでじっと見つめる視座がとても生ぬるくて僕は好きだ。

 映画が少なからず観客に夢を見せるものであるとするならば、『大日本人』はリアルな生活臭の中で究極の夢を生じさせる白昼夢のような映画だ。そのアイディアと方法論には生粋の映画人には追究しえなかった成果が刻まれている。これは松本人志というカリスマと、空前のお笑いブームに湧く吉本興業だからこそ資金調達できた、まさに2007年にしか生まれ得なかった奇跡的なまでに生ぬるい作品、ということなのだろう。

 ただ、この作品が観客との間に妙な隔たりを生み出してしまった理由は一目瞭然だ。これは全国で何百もの劇場で上映するよりは、やはりミニシアター規模で公開すべき特殊な作品だった。なぜなら『大日本人』は子供から大人まで誰もが楽しめる純粋な“マス・エンターテインメント”ではなく、あくまで一人一人の感情に足音静かに忍び込む“パーソナルな映画”であり、紛れもない“作家主義”の映画なのだから。

 そしてこの日本では、作家主義がそれほど尊重されていないのも事実なのだ。

■この記事が参考になったら押してください→人気blogランキング 

------

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« 『マイティ・ハート 愛と絆』 | トップページ | 『ペルセポリス』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/17217216

この記事へのトラックバック一覧です: 『大日本人』:

« 『マイティ・ハート 愛と絆』 | トップページ | 『ペルセポリス』 »