« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/26

『君のためなら千回でも』

 原題は“The Kite Runner”。アフガニスタン生まれの作者の半生が織り込まれた原作小説は全米でベストセラーになり、そうなると製作会社も黙っていないわけで、こうやって映画化の道を辿ることは運命付けられたものだったのだろう。しかしながら、原作者も映画制作者も、ここ日本でこんな素晴らしい邦題がつけられるとは、まさに嬉しい誤算だったのではないか。

 舞台は2000年のアメリカにはじまり、そこから1970年代のアフガニスタンへ回想の扉を押し開いていく。

 目の前にアフガニスタンの風景が広がる。ソ連が侵攻する前の、そしてタリバンが政権掌握する前の、平和なアフガンがここにある。その上空には子供たちが一斉にあげた凧(カイト)の群れ。凧がある程度の高さまで到達すると、次にやることはただひとつ。上手い具合に旋回させて他の凧に勝負を挑むのだ。絡み合う糸と糸。勝敗は一瞬にして決まる。激しい空中戦を制した凧は威風堂々と空に舞い、負けた凧はヒラヒラと花びらのように落ちていき、そのまま勝者の戦利品となる。勝者は12歳のアミールだ。彼の親友であり使用人の息子でもあるハッサンは、力いっぱい彼を祝福し、落下中の戦利品を追ってまっさきに走り出す。「頼んだぞ!」と叫ぶアミール。ハッサンも振り返って大声で叫ぶ。

「君のためなら千回でも!」

 邦題となったこのハッサンの台詞が、何度でも観客の心にこだまする。劇中、アフガンの映画館で吹き替えのアメリカ映画に熱狂したアミールとハッサンが、興奮のあまりその印象的な台詞を何度も何度も復唱してみせるシーンがあるが、そんな彼らと同様に、僕らはこの邦題を思い出すたびに、何度でも何度でも、胸を熱くたぎらせることになるだろう。

 この台詞が語られた直後、事態は急変する。民族の違いを原因にハッサンは年長者の集団に暴行を受けてしまう。現場を目撃したアミールはその場でおびえて立ち尽くし、彼を助けることができない。そればかりか自分の不甲斐なさをよりにもよって犠牲者のハッサンにぶつけ、使用人一家を自宅から追い出してしまう。少年の心に刻まれた、取り返しのつかない過ち。後悔、懺悔。

 やがてアフガニスタンに暗雲が立ち込める。ソ連が侵攻し、街が破壊される。タリバンが恐怖政治を繰り広げる。アミールは父親(演じているのは、アッバス・キアロスタミの傑作『桜桃の味』で主役を務めた、あのホマユーン・エルシャディなのだ!)とともにアメリカへ向けて命がけの亡命を果たす。それから20年…アメリカで作家になったアミールの元に一本の電話が舞い込んでくる。

「まだお前はやり直せる。アフガンへ帰って来い」

 それはかつて幼かった自分の文才を認めてくれた恩人からの電話だった。止まっていた彼の時間がもう一度動き出す。いまこそ危険なアフガンに戻り、あのときのハッサンに告げられなかった言葉を自分の口から伝えたい。その台詞は、もう聞く前から観客にも分かっている。

 『チョコレート』、『ネバーランド』、『ステイ』、『主人公は僕だった』・・・。他者を寄せ付けない風変わりな作品を紡ぎ続けるマーク・フォースター監督を未来の巨匠として見る向きも多い。僕はこれまで彼の作風を「フィクションを俯瞰する=メタフィクション」として捉えていた。しかしこの要素だけだと、長編一作目の『チョコレート』がどうしても解き明かせない。自殺で息子を失った死刑執行人と、幼い息子を事故で失った女性とが出会い、絶望の中にほんのささやかな花が咲いたかのように痛切な愛が交わされるこの作品。どこをどう考えたってメタフィクション映画ではなかった。では、『チョコレート』とあとの3作品を繋ぐキーワードは一体何なのか…。

 悩みに悩んでいたその時期に、『君のためなら千回でも』公開決定の知らせが届いた。そこには「マーク・フォースター監督は幼い頃、兄を自殺で失っており、これまでの作品には常に“死”の要素が色濃く描かれてきました」との言葉。はっとさせられた。すべてを繋ぐ鍵は“死”にあったのか。“死”を織り交ぜながら、ヒューマンドラマやミステリーからコメディに至るまで縦横無尽に創作を繰り広げるマーク・フォースターの強靭さというか、人間としての深さにノックアウトされた。彼の作品の主人公たちは“死”の内側でウジウジと傷心を蒸し返すようなことはせず、むしろどうにかして“死”の外側へと飛び出そうと果敢に挑戦を続けている。この「飛び出す」というイメージと「物語ること」の臨界点において、フォースター監督はいつも僕らを熱狂させるフィクション・マジックを生み出していたのだ。

 そうして最新作『君のためなら千回でも』に想いを馳せるとき、そこにはこれまで以上に“死”というものの重さ、切実さが圧し掛かると同時に、アフガニスタンの上空に舞い上がっていく無数の凧のように、そこから軽やかに飛び出そうとする力強い意志が感じ取れる。そして本作を「メタ・フィクション」としてこの見つめるとき、マーク・フォースターがこれまでに描いてきた様々なジャンルの、様々な登場人物たちの“死を乗り越えようとする姿”が、主人公アミールに切実なほど重なっていく。

 この映画のクライマックスのあまりにアメリカナイズされた展開に違和感を覚える方も多いだろう。しかしマーク・フォースターがそれを意識的に用いていることも感じてほしい。決死の覚悟でアフガニスタンに乗り込んでいくアミールの姿には、かつて失った自分の“物語”を必死で取り戻そうとする主人公の崇高な意志が読み取れる。その過程で彼は、かつてアフガンの映画館で観たアメリカ映画さながらのアクションを繰り広げるかもしれない。あるいは滂沱の涙を流すような感動シーンを演じるかもしれない。もう失いたくはない何かを取り戻すためならば自分の命を投げ出しても惜しくはないだろう。彼は20年に渡って自ら封印していた人生を、再び物凄い速度で回転させ始め、そこでボロボロに傷つきやっとの思いで到達した景色に包まれながら、あのときのアメリカ映画のキメ台詞ではなく、いままで辿ってきた自分の物語(=人生)の珠玉の台詞を、満面の笑みと共に口にするのである。「君のためなら千回でも」と。

 とはいえ、映画監督としてのフォースターの冒険はこれからも続いていく。彼は現実世界で失ったものを創作の中で取り戻すべく、これからもとめどなく、映画の主人公たちと共に旅を続けていくことだろう。

 そして奇遇なことに、これを書いているさなか、マーク・フォースターの次回作が発表された。「007」シリーズ最新作“QUANTOM OF SOLACE”がそれだ。新ジェームズ・ボンドにダニエル・クレイグを抜擢して大ヒットを飛ばした新機軸を踏襲するカタチで、今回もパナマ、チリ、バハマ、イタリア、オーストリア、ロンドンを股にかけて、陰謀とアクションとロマンスとが繰る広げられる。イアン・フレミング作としては異色とも言われる原作どおり、ボンドの内面に更なる深いダイブを試みる作品となりそうだ。

 悪役には『ミュンヘン』『潜水服は蝶の夢を見る』で世界中にファンを急増させるフランス人俳優、マチュー・アマルリック。ボンドガールにはウクライナ出身のオルガ・キュレリンコ、英国出身のジェマ・アータートン。もちろんジュディ・デンチも再登板する。これらの豪華プロジェクト、豪華キャストを得る中で、果たしていかなる“マーク・フォースター”ワールドが繰り広げられるのか、心から期待したい。

君のためなら千回でも』は2月9日より、恵比寿ガーデンシネマ、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

■この記事が参考になったら押してください→人気blogランキング 

------

TOP / INFORMATION】【過去レビュー】【DIARY

| | トラックバック (0)

2008/01/22

『ラスト、コーション』

 アン・リー監督がヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『ラスト、コーション』。

 “Lust”は「欲情」を、“Caution”は「戒め」をあらわし、それを「、」でつなげたこのタイトル(原題では『色|戒』、英題では『LUST,CAUTION』)には、主人公の身に起こった「“欲情”と“戒め”のせめぎあい」を表現する意味合いがあるのだとか。だとすると、真ん中にある「、」は、まるで理性の防波堤のような、重要な意味を秘めたものだということがわかる。

 そうやってタイトルからして一筋縄ではいかない本作。ヴェネツィア以来、「問題作!」とばかり騒がれてきたが、過激な暴力&性描写とは裏腹に、その芯にはとてつもなく深い創作意欲が根を張り巡らしていることに驚かされる。これまで『グリーン・デスティニー』『ハルク』『ブロークバック・マウンテン』(これを書いた翌朝にヒース・レジャーの訃報が飛び込んできた。唐突ではあるが、彼の冥福を心より祈りたい。野性味あふれる外見ながら、その内面には千切れそうなほどの繊細さを抱えた、俳優として稀有な存在だった)と作品を重ねてきたアン・リー。かつてハリウッドで最も有名な日系人俳優といわれた故マコ・イワマツ氏が「いつか人種というフィルターを超えて、僕がカウボーイを演じれる日がくれば嬉しい」と語っていた。アン・リーはその言葉どおり、台湾人としてカウボーイ映画を2作も作り出し、文字通り映画作家としての人種や国境を超えた存在となった。

 かと思ったら、ここにきてまさかの原点回帰。
 今回の舞台は1942年、日本占領下の上海だ。

 主人公は“清純”という言葉がよく似合う若い女性、ワン(タン・ウェイ)。

 まだ少女のようなあどけなさを残す彼女は、傀儡政権下で暴力行為の多発する上海を離れ、英国領香港で大学生活を送ることになる。そこで友達との付き合いで演劇部の門を叩くワン。儚げで、時に燐とした横顔をも覗かせる彼女は、定期公演の舞台で主演に抜擢される。それは中国独立をテーマに掲げた物語。案の定、彼女が舞台に現れ、ひとこと台詞を発した瞬間に会場の空気が変わる。観客たちは一様に祖国を想い、感涙と高揚とに包まれた。拍手喝采。舞台公演は成功裏に幕を閉じる。

 この日、誰よりも歓喜に包まれたのは演劇部員たちだった。自信と興奮を身にまとった彼らは、自らが演じた舞台に取り込まれるように、ここ香港を拠点として抗日運動へ身を投じていく。

 ターゲットとなったのは特務機関の長官イー(トニー・レオン)。

 傀儡政権の手先として多くの抗日運動家を闇に葬ってきた彼に近づき、暗殺の機会を探るのが彼らの使命だ。そのミッションにあたって、またもや抜擢されたのがワンだった。それは、イーの身辺に近づき彼と禁断の愛を交わすという、まさに命がけの任務。なかなか隙を見せないイーだったが、ワンは持ち前の演技力でイーの心を引き寄せていき、ふたりはついに野獣のごとく求め合うようになる。暴力的なまでに身体を重ねながら、上部組織の暗殺命令を待ち続けるワン。いつしか彼女の感情は演技や任務の領域をはるかに超える。そしてある日、ようやく運命の瞬間が訪れる…。

 とにかく2時間40分にも及ぶ男女の駆け引きとその顛末が、見事なまでに丹念でサスペンスフルな演出術で調理されている。彼らの激しくも儚い運命にあれよあれよと翻弄され、気がつくといつの間にか時間が流れてしまったという印象だ。

 そして、まずもって目に飛び込んでくるのが映像化された上海の「租界」。今となっては写真などでしかうかがい知れないこの街の風景をスクリーンで体感できるのは実に刺激的な体験だ。

 中国が外国の食い物にされていた時代、上海は外国人がパスポートなしで自由に出入りできるボーダーレスな国際都市だったという。その分、飛び交う銃弾の量も当時のシカゴを上回る勢いだったとなにかの雑誌で読んだことがある。

 オープンセットにCGを合成し、まるで『ALWAYS 三丁目の夕日』の上海版とも見紛うほどの装飾スケールでその街並みを現出させ、異国情緒のごった煮感をリアルに再現している点には圧倒される。と同時に、この後の中国が歩むことになる歴史がどうしても頭をもたげる。戦後、文革の荒波の中でこういった西洋文化はとことん排除されていっただろうし、また現代においては再び、かつての勢いを取り戻すかのように世界中のあらゆる最先端の技術を取り込んで革新的な進化を遂げる上海の姿がある。西洋風の建物、飛び交う英語、おびただしい通行人、そして異国人。この映画で「これが当時の上海です」と切り取られてみても、まるで了解を得ない異国の地に放り出されたかのように、途方に暮れる自分がいる。

 女スパイとなったワンが、イーを追って乗り込んでいく上海には、雑踏のそこかしこに撃たれて絶命した死体が横たわっている。それは明日の自分の姿かもしれない。いまこの時にも自分の正体がばれ、イーの手で処刑されないとも限らないのだから。自分の命は自分が握っている。そんな混沌とした状況の中で、かつて舞台上で演劇部の看板女優として無邪気な輝きを放っていたワンの“演技”が、徐々に取り返しのつかない“リアル”へと移行していく過程がとにかく艶かしく魅せる。タン・ウェイが全身全霊を込めて表現するワンの人生は、生まれながらにして“フェイク”としての宿命を持つ映画という表現手段が、その内部に何らかの“リアル”を生じさせていく過程とシンクロするものがある。

 イーは反乱分子を厳しく尋問し、その手でおびただしい血を流しながら、その日常に疲れ、もはや生きるための出口として狂ったようにワンの身体を求め続ける。ワンもまた、自分に与えられた任務を頭で理解しながらも、次第に身体が理性を侵食し、あれほど堅固だった抗日の決意が崩壊寸前にまで追いやられていく。いつしかその境界線は、「ラスト」と「コーション」の狭間の「、」のごとく、綱渡りのように危なげな区切りでしかなくなっていく。

 性交や殺人を痛みが伝わってくるほど強烈な手法で描きながら、そこに常にハッと目を奪われるような美的イメージをも兼ね備えた“アン・リー”マジック。緩急はいつどちらへ裏返るか分からない。これが快感なのか、痛みなのかすら分からず、感覚はクライマックスに向けて麻痺し続ける。

 アン・リーが志向したこの壮絶な境地にたどり着くには、スタッフはもちろん、キャスト、とりわけタン・ウェイ&トニー・レオンに圧し掛かった肉体的・精神的な重圧たるや相当なものだったろう。もしかするとこの作品に身を投じることこそ、まさにタイトルの示す「ラスト、コーション」を地でいく所業だったのではないか。トニー・レオンの陰部にかかったのっぴきならない画像修正を目にしながら、文字通り全てをさらけ出して本作に挑んだふたりの役者魂に圧倒されずにはいられない。

 そして何より、ここまで役者を追い詰めるアン・リー、あんなにニコニコと紳士的な人なのに、心の中では何を考えているのか分かりやしない。恐るべし。

 ラスト、コーション』は2月2日よりシャンテシネ、Bunkamuraル・シネマほか全国一斉公開

■この記事が参考になったら押してください→人気blogランキング

------

TOP / INFORMATION】【過去レビュー】【DIARY

| | トラックバック (0)

2008/01/14

『トゥヤーの結婚』

 一口に「モンゴル」と言ってもいろいろある。かつてチンギス・ハーンによってユーラシア大陸を広く征服したモンゴル民族も、いまでは「モンゴル国」や中国の「内モンゴル自治区」のほか、周辺の旧ソ連の国々などにも跨って分布している。

 『トゥヤーの結婚』はその中でも「内モンゴル自治区」に生きる女性について描いた中国映画だ。この地では牧草地の砂漠化に伴い、都会へ移り住むことを余儀なくされたモンゴル民族も数多い。しまいには政府までもが強制移住を促進し、この映画撮影に使われた場所の住民たちも、終了後まもなく移住させられてしまったという。激しく変化を遂げる中国では、『胡同のひまわり』や『長江哀歌』といった作品群と同様に、『トゥヤーの結婚』でも、フィルムに刻まれた尊い面影が、いまはもう存在しないのだ。

続きを読む "『トゥヤーの結婚』"

| | トラックバック (0)

2008/01/01

2007のベスト

あけましておめでとうございます。

2007年のマイ・ベスト10、選出終了いたしました。オスカーでもゴールデングローブでもない、そんな多数決の論理を吹っ飛ばすくらいに個人的な思い入れの強い(世の中の客観性なんてクソ食らえ!)10本を、ここに恥ずかしげもなくご披露いたします。あなたの大好きな映画が早い時点で予選落ちしていたり、あなたの大嫌いな映画がよりにもよってNO.1に輝いていたりすることもあるでしょうが、これはあくまでマイ・ベスト10。ご覧いただいた方の「なんだこりゃ?」感が強ければ強いほど、選びがいがあったというものです。

何はともあれ、本年も皆様にとって素晴らしき年となりますように。そして皆様にとって各々の感受性が「これだ!」と叫びだすような映画と一本でも多く出会われる年でありますように。

※エントリーは鑑賞済みの2007年劇場新作に限ります。

■□■□■□■□■□■□

ベスト10決定 23:53 

01 大日本人
02 BRICK ブリック
03 ブラック・スネーク・モーン
04 オフサイド・ガールズ
05 天然コケッコー
06 アフター・ウェディング
07 デス・プルーフ in グラインドハウス
08 ボーン・アルティメイタム
09 やわらかい手
10 あなたになら言える秘密のこと

■□■□■□■□■□■□

【場外】 計153作品

12月31日21:00(11→20)順不同

ボビー、クィーン、バベル、ゾディアック、プレステージ、ヴィーナス、リトル・チルドレン、 ONCE ダブリンの街角で、タロットカード殺人事件、パンズ・ラビリンス

*******

20:50(21→30)順不同

俺たちフィギュアスケーター、スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい、不都合な真実、明るい瞳、グミ・チョコレート・パイン、夕凪の街 桜の国、ボンボン、エクステ、パフューム ある人殺しの物語、ここに幸あり

*******

19:10(31→50)順不同

ラスト・キング・オブ・スコットランド、アヒルと鴨のコインロッカー、いのちの食べかた、シッコ、コンナオトナノオンナノコ、ヘアスプレー、インランド・エンパイア、デジャヴ、主人公は僕だった、ルワンダの涙、迷子の警察音楽隊、ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記、キングダム/見えざる敵、長江哀歌、ボルベール〈帰郷〉、フリーダム・ライターズ、アポカリプト、サン・ジャックへの道、クローズド・ノート、再会の街で

*******

12月31日18:30(51→80)順不同

ドリームガールズ、愛の予感、君の涙 ドナウに流れハンガリ1956、ALWAYS 続・三丁目の夕日、ミス・ポター、サッド ヴァケイション、ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団、ラッキー・ユー、図鑑に載ってない虫 ブレイブワン、グッド・シェパード、ミルコのひかり、トランスフォーマー、明日君がいない、東京タワー オカンとボクと、時々、オトン、ブラッド・ダイヤモンド、松ヶ根乱射事件、世界最速のインディアン、ディパーテッド、マリー・アントワネット、恋愛睡眠のすすめ、エレクション、スパイダーマン3、それでもボクはやってない、300<スリー・ハンドレッド>、ダイ・ハード4.0、自虐の詩、ロッキー・ザ・ファイナル、 その名にちなんで、トランシルヴァニア

*******

17:00(81→100)順不同

マイティ・ハート/愛と絆、毛皮のエロスダイアン・アーバス、ペルセポリス、魂萌え!、華麗なる恋の舞台で、守護神、パリジュテーム、クロッシング・ザ・ブリッジ、素粒子、ツォツィ、パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド、しゃべれども しゃべれども、それでも生きる子供たちへ、ファウンテン 永遠につづく愛、スキヤキ・ウエスタンジャンゴ、題名のない子守唄、4分間のピアニスト、ある愛の風景、エンジェル、グアンタナモ僕達が見た真実

*******

16:30(101→138)順不同

jackass number two、あしたの私のつくり方 、伝染歌 、ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド、 マイ・シネマトグラファー、幸せのちから、モーツァルトとクジラ、パパにさよならできるまで、サンシャイン 2057、パッチギ! LOVE & PEACE、コマンダンテ、監督・ばんざい!、ザ・シューター/極大射程、女帝 [エンペラー]、ブリッジ、傷だらけの男たち、イタリア的恋愛マニュアル、遠くの空に消えた、さらばベルリン、カタコンベ 、ヴィットリオ広場のオーケストラ、フライボーイズ、チャプター27、キサラギ、怪談、ショートバス、厨房で逢いましょう、プラネット・テラーinグラインドハウス、クワイエットルームにようこそ、ヒートアイランド、鳳凰わが愛、ディスタービア、夜顔、眠れる美女、絶対の愛、輝く夜明けに向かって、マジシャンズ、スターダスト

*******

14:30(139→163)順不同

オリヲン座からの招待状、大統領暗殺、パーフェクト・ストレンジャー、ファンタスティック・フォー:銀河の危機、アーサーとミニモイの不思議な国、TAXi4、ブラインドサイト~小さな登山者たち~、ゴースト・ハウス、レッスン!、ハリウッドランド、GOAL!2、 リーピング、リンガー!替え玉★選手権、オール・ザ・キングスメン、ママの遺したラヴソング、大帝の剣、蟲師、アルゼンチンババア、蒼き狼 地果て海尽きるまで、さくらん、 幸福な食卓、ユメ十夜、僕は妹に恋をする、DOA デッド・オア・アライブ、Gガール破壊的な彼女

中でも、『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』、『パーフェクト・ストレンジャー』、『GOAL2』の3作品については、2007年の映画界を底辺(ワースト)から支えてくれたその功績を心から祝福したいと思います。本当にありがとう。

-------

| | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »