« 『1978年、冬。』 | トップページ | 『MONGOL モンゴル』 »

2008/03/21

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

300文字レビュー」とは、映画への想いをたった300文字に凝縮させる、とてもお手軽な文系スポーツ。というわけで、今回のお題は『マイ・ブルーベリー・ナイツ』です。

ウォン・カーウァイがアメリカの大地で見つけたもの

アヴァンギャルドな作風で知られるカーウァイが、ちょっと照れ臭くなるほど甘~い映画をこしらえた。それは失恋から次の恋までの心の移動を“5603マイルの旅”として綴ったロードムービーだ。新たな挑戦は数多い。フランス&香港の合作ながら舞台はアメリカ。脚本はめずらしく前もって脱稿され、しかも英訳化。撮影はクリストファー・ドイルから一新し(*)、映像は揺れず、色も鮮明。いたるところに紫色のイメージが忍び込み、いつか主人公の帰るべき場所=ブルーベリー・パイを静かに照らし出す。そうそう、気になるノラ・ジョーンズは、日本人が字幕を通して鑑賞する分にはとてもナチュラル。もちろん他のキャストたちの巧みなリードがあってこそなのだけれど。(牛)

(*)今回の撮影監督は、デヴィッド・フィンチャー作品などで知られる国際派、ダリウス・コンジ。

■この記事が参考になったら押してください→人気blogランキング

マイ・ブルーベリー・ナイツ
監督:ウォン・カーウァイ
出演:ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ、デヴィッド・ストラザーン、
レイチェル・ワイズ、ナタリー・ポートマン
(2007年/フランス=香港)アスミック・エース
3月22日より日比谷スカラ座ほか東宝洋画系にて全国ロードショー

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』DVDは9月12日に発売!

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« 『1978年、冬。』 | トップページ | 『MONGOL モンゴル』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/40583935

この記事へのトラックバック一覧です: 『マイ・ブルーベリー・ナイツ』:

« 『1978年、冬。』 | トップページ | 『MONGOL モンゴル』 »