« ゼア・ウィル・ビー・ブラッド | トップページ | 『幻影師アイゼンハイム』 »

2008/04/25

『愛おしき隣人』

300文字レビュー」とは、映画への想いをたった300文字に凝縮させる、とてもお手軽な文系スポーツ。というわけで、今回のお題は『愛おしき隣人』です。

トリアー、カウリスマキに並ぶ、北欧からの怪人が登場

個性派ぞろいの北欧から『散歩する惑星』で知られる鬼才ロイ・アンダーソンの新作が届いた。今回彼が仕掛けるのは、なんと「ストーリーが存在しない」物語。そこでは人々の見た悪夢がモザイク状に散りばめられ、ある女性は怒りに任せてラップ(?)を口ずさみ、ある男はマチャアキばりのテーブルクロス芸に大失敗。列車の音がうるさくて眠れない男がいれば、新婚夫婦の住居が突然車両となって発進し窓越しに大勢が「結婚おめでとう!」と祝福したりもする。すべては一時的。過ぎ去るともう二度と戻ってこない夢の嵐。最初は頭の中が「?」でいっぱいだが、ハマるとなんだか可愛らしくって愛おしくて、不思議ゾーンの魅力に火がついて止まらなくなる。

■この記事が参考になったら押してください→人気blogランキング

愛おしき隣人
監督:ロイ・アンダーソン
出演:ジェシカ・ランバーグ、エリック・ベックマン、エリザベート・ヘランダー
(2007年/スウェーデン=フランス=デンマーク=ドイツ=ノルウェー=日本)
スタイル・ジャム、ビターズエンド
4月26日より、恵比寿ガーデンシネマほか全国順次ロードショー

------

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« ゼア・ウィル・ビー・ブラッド | トップページ | 『幻影師アイゼンハイム』 »

【地域:北欧発】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/40987743

この記事へのトラックバック一覧です: 『愛おしき隣人』:

« ゼア・ウィル・ビー・ブラッド | トップページ | 『幻影師アイゼンハイム』 »