« 『小さな赤い花』 | トップページ | 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 »

2008/06/08

『イースタン・プロミス』

 クリスマス前のロンドン。華やぐ街の様子とは裏腹に、救急病院には深刻な案件が舞い込んでいた。妊娠した少女がすでに破水した状態で担ぎ込まれたのだ。英語を介さない彼女は出産後すぐに絶命。赤ん坊だけが残される。助産士のアンナは、彼女の日記を頼りに幼子の引き取り先を捜すが、そこにはロシアン・マフィアによる人身売買の恐るべき実態が記されていた…。

Eastern_promises_2 

 今度のクローネンバーグは冒頭から容赦ない。冒頭でカミソリがキラッと危なげに輝いたかと思うと、ああ、やっぱり、キターッッッ!!!!!切れ味、抜群。とめどなく噴き出すドス黒い血。そして満を持して主演ヴィゴ・モーテンセンが姿を現す。この男、今回もどエライことになっている。全身43箇所にタトゥーをきめ、組織の下っぱ運転手でありながら、必要とあらば表情ひとつ変えずに易々と死体処理をやってのけ、いざ大浴場でのガチンコ・ファイトに挑むとなると、もう東映ヤクザ映画の菅原文太も真っ青なくらいの大立ち回りで、大事なイチモツを大回転させながら、相手をカクジツに殲滅する。

 ああ、やっぱクローネンバーグ、すげえな、と思う。前作に続くヴィゴ・モーテンセンとのコラボレーションということで、さすがにヴィゴの持つ旨みがすべて研究され尽くしているのだ。『ロード・オブ・ザ・リング』でも『ヒストリー・オブ・バイオレンス』でも見られなかったまったく新しいヴィゴがそこにいる。その風体にはただただ驚くばかり。

 だが、本作はこのまま「ビックリ恐怖館」で行くのかと思いきや、予想に反してどんどんドラマ性が隆起を帯びる。人の心をすっかり亡くした男がナオミ・ワッツの演じる助産士と出会った瞬間、予想もつかない運命のドラマが動きはじめるのだ。

 そこには『堕天使のパスポート』の名脚本家スティーヴ・ナイトの手腕も光る。彼の功績によってこれまで映画では描かれることのなかった“移民社会ロンドン”が素顔をさらす。その闇でうごめく無数の名もなき人々が、ありありと実態を持って動き出す。

 また、2つの気色の異なる“ファミリー”の対比も面白い。片や恐怖のロシアン・マフィア、片や助産士アンナの暮らすロシア系の平凡な家族。物語の進む中、日記の内容に憤ったアンナ一家は、成り行き上、ロシアン・マフィアと対抗しているような位置に立つ。まるでアリがゾウに挑むかのようなこの闘い・・・彼らは絶望するどころか、逆に笑ってしまうくらいの頼もしさに満ちている。このまったくもってありえない光景が、フィクション上のファンタジーとしてドラマティックな風を吹き込ませる。そして迎えるクライマックス…クローネンバーグはドラマ性の向こうに鮮烈な幕切れを用意しているのだが・・・こいつはとことんシビれるぜ!

 奇しくも9.11からイラク戦争へと至る暴力の連鎖が世界中のフィルムメーカーに影響を与えている。同じ暴力と言えども、9.11前後ではその定義が微妙に異なる。クローネンバーグはその新しい時代の暴力を描くに当たって、まずは『ヒストリー・オブ・バイオレンス』でその概念を完全にリセット&再定義し、その土壌に改めて『イースタン・プロミス』という野太いドラマの幹を育てた。

 それは手間のかかる回り道にも思えるが、クローネンバーグにとっては決して避けて通れない道のりだったことは、この映画の完成度の高さを見れば明らかだ。

■この記事が参考になったら押してください→人気blogランキング

イースタン・プロミス
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、
アーミン・ミューラー=スタール、シニード・キューザック
(2007年/イギリス=カナダ)日活

------

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« 『小さな赤い花』 | トップページ | 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 »

【地域:英国発】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/41460276

この記事へのトラックバック一覧です: 『イースタン・プロミス』:

« 『小さな赤い花』 | トップページ | 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 »