« 『イントゥ・ザ・ワイルド』 | トップページ | 『崖の上のポニョ』 »

2008/09/16

全米ボックスオフィスSep.12-14

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Sep.12-14 weekend】

01 Burn After Reading(-)
02 Tyler Perry's The Family That Preys(-)
03 Righteous Kill(-)
04 The Women(-)
05 The House Bunny(↓)
06 Tropic Thunder(↓)
07 The Dark Knight(↓)
08 Bangkok Dangerous(↓)
09 Traitor(↓)
10 Death Race(↓)

ようやくボックスオフィスに活気が戻ってきた。業界全体興行収入の7週連続減退に終止符を打ってトップを飾ったのは、あのコーエン兄弟が豪華キャストを招聘して送る最新コメディ。トップ10内の上位4作に多種多様なジャンルの新作が行き渡った、とても健康的なボックス・オフィスの集計結果、それでは見ていきましょう。

********************

●NO.1を獲得したのはコーエン兄弟の最新作"Burn After Reading"。彼らの作品としては『レディキラーズ』以来となる全米公開規模2651館で封切られ、初日3日間の興行収入もこれまたコーエン作品最高の出だしとなる1,940万ドルを計上した。『ノーカントリー』(累計収入は7,330万ドル)で世界を震撼させたオスカー受賞監督だが、今回の最新作では本来の持ち味ともいうべきクライム・コメディが復活。スポーツジムに落ちていたCIAの裏事情満載のCD-ROMを巡って、おかしくて胡散臭いキャラたちが国家レベルの大騒動を巻き起こすという内容らしいのだが・・・。

●「きみのために充て書きしたんだ」との甘い言葉に誘われて出演を快諾したジョージ・クルーニー&ブラッド・ピットは、実際の脚本を読んでみて、そのキャラのあまりにひどいおバカぶりに「コーエン兄弟は俺をこんな風に見ていたのか・・・」とショックを受けたらしい。共演はジョン・マルコヴィッチ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン。日本での公開は2009年になる模様です。

●肌の色も社会的階層も違うふたりの親友と、彼女らの成人した子供たちが巻き起こすドタバタを描いたヒューマン・コメディ"Tyler Perry's The Family That Preys"は1,800万ドルを売り上げ、2位につけた。タイトルの頭にくっついてるのは、監督・脚本を担当した「タイラー・ペリー」の名前。日本では知名度ゼロだが、彼がこれまでに手がけてきた商業映画6本のうち5本が全米興業ランキング2位以内に入るというかなり堅実なフィルムメーカーらしく、やっぱりほかの映画にも「タイラー・ペリーの~」という冠番組的なタイトルがつけられている。それだけ黒人社会に訴えるネームバリューを持った監督ということなのでしょうね。ひとつ勉強になりました。

●アル・パチーノとロバート・デ・ニーロが『ヒート』以来のガチンコ競演を果たすことで話題となっていた"Righteous Kill"は、ちょっと微妙な3位発進。3日間の興行収入は1,650万ドル。定年間近のベテランNY市警コンビが、かつて彼らの解決した事件と酷似した連続殺人の謎に挑む。『インサイドマン』のラッセル・ジェウィルスが脚本を手がけているだけあり、二転三転する複雑かつスリリングな展開が期待できそう。監督は『88ミニッツ』のジョン・アブネット。

●『フィラデルフィア物語』などで名高い巨匠ジョージ・キューカーによる1939年の同名コメディをリメイクした"The Women"は1,010万ドルの売り上げで4位にランクイン。これまでテレビシリーズの脚本・製作などを手がけてきたダイアン・イングリッシュによる監督デビュー作。主演にはメグ・ライアン、アネット・ベニング。どこか「Sex and the City」的なイメージで売りたかったのでは?と勘ぐりたくなるような要素満載なのですが・・・。

●6位の『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』は5週目にしてついに1億ドル突破。主演俳優の中で特に爆笑なのが、外科手術までして黒人俳優に成りきろうとするデ・ニーロ顔負けのメソッド俳優を演じるロバート・ダウニーJr.。いつしか身も心も黒人になりきって涙さえ流すという、すさまじい役者根性は必見です。

●最後に、いつもの成長観察日記。9週目にして7位の『ダークナイト』は、400万ドルを上乗せして、現在の累計収入、5億1,770万ドルなり。来週あたり、いよいよトップ10落ちするか・・・?

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

------

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« 『イントゥ・ザ・ワイルド』 | トップページ | 『崖の上のポニョ』 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/42479436

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ボックスオフィスSep.12-14:

« 『イントゥ・ザ・ワイルド』 | トップページ | 『崖の上のポニョ』 »