« 活字の記憶 | トップページ | 魅惑のCF »

2008/10/03

『ゲット スマート』

300文字レビュー」とは、映画への想いをたった300文字に凝縮させる、とてもお手軽な文系スポーツ。というわけで、今回のお題は『ゲット スマート』です。

お下品ばかりがハリウッド・コメディじゃないんだぜ!

いまや全米で3本の指に入るコメディ俳優スティーブ・カレルが、爆笑スパイムービーに挑む!敵の攻撃で壊滅状態に陥った諜報組織「コントロール」。たまたま外で油を売っていて無事だった分析官スマートは、極度の人員不足のため、憧れのエージェントに抜擢される。相棒には『プラダを着た悪魔』から飛び出たような美人エージェントが就任し、彼らは颯爽とミッション遂行するはずだったが・・・。メル・ブルックスらが60年代に制作したTVシリーズを基に、どこか懐かしくもシュールな笑いが心地良し。当然、スパイ物には秘密道具がつきもので、研究開発員をあのマシ・オカが演じるのも見所のひとつ。彼自身が飛び道具的な魅力を放ち、大いに笑わせてくれる。

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

ゲット スマート
監督:ピーター・シーガル
出演:スティーブ・カレル、アン・ハサウェイ、ドウェイン・ジョンソン
アラン・アーキン、テレンス・スタンプ、ジェームズ・カーン、マシ・オカ
(2008年/アメリカ)ワーナーブラザーズ映画

アメリカでは超一流のコメディ俳優なのに、なぜか日本では知名度が低いスティーヴ・カレル。個人的に『ゲット スマート』は2008年に観たコメディの中で3本の指に入ると確信しています。

------

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« 活字の記憶 | トップページ | 魅惑のCF »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/42669408

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゲット スマート』:

« 活字の記憶 | トップページ | 魅惑のCF »