« アレックス・コックス来日! | トップページ | 『ブラインドネス』 »

2008/11/24

全米ボックスオフィスNov.21-23

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Nov.21-23 weekend】

01 Twilight(-) 
02 Quantum Of Solace(↓)
03 Bolt(-)
04 Madagascar: Escape 2 Africa(↓)
05 Role Models(↓)
06 Changeling(↓)
07 High School Musical 3: Senior Year(↓)
08 Zack and Miri Make a Porno(↓)
09 The Boy in the Striped Pajamas(↑)
10 The Secret Life of Bees(↓)

本来ならば『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の公開日とされていた11月21日。スタジオ側が急遽その公開日を2009年の7月17日へと変更し、映画界にもファンの間にも衝撃が走ったわけですが、結果的に12月公開からスライドしてきた一本の最新作がボックスオフィスに大旋風を吹き込むことになりました。一年でもっとも重要な繁盛期、サンクス・ギビング・デイに向けて、いよいよ実力派が出揃ってきた模様です。

●『007/慰めの報酬』をたった1週で首位から引きずりおろしたのは、クリスティン・スチュワート、ロバート・パティンソン主演のヴァンパイア・ロマンス"Twilight"。ステファニー・メイヤーによる原作ベストセラー小説に魅了され映画化を待ち望んでいたティーンたちが劇場に大挙し、この週末の売り上げは7,060万ドルを計上した。製作費が3,700万ドルと伝えられているので、これは問答無用で「大成功」の域。監督は『サーティーン』『ロード・オブ・ドッグタウン』などを手がけたキャサリーン・ハードウィック。女性監督としてはかつてミミ・レダーが『ディープ・インパクト』で打ち立てた4,110万ドルを遙かに超えるビッグなオープニング成績となった。スタジオ側はすぐさま次回作"New Moon"の製作を発表している。

●無敵のジェームズ・ボンドもヴァンパイア&ティーン旋風には太刀打ちできず、『007/慰めの報酬』は2週目にして2位へと後退。先週のブレイクぶりはやや収まりを見せ、週末の売り上げも2,740万ドルと伸び悩んだ。しかしきっちりと1億ドル越えは果たし、現在までの累計収入は1億900万ドル。対する製作費は2億2,500万ドルとも報じられているが、今のところ世界で3億900万ドルを稼ぎ出しているらしいので、ここはまず、無問題。僕も先週試写してきたばかりなんですが、今回はそのスピード感がとにかく半端じゃない!冒頭からいきなり前作と直結してますので、しっかり復習してから臨まれることをお奨めします!

●ディズニーが贈る3Dアニメ"Bolt"は『007』に僅差の2,700万ドルを売り上げ、初登場第3位。特殊公開満載のテレビ・ドラマでヒーロー役を演じるスーパードッグ“ボルト”が、いざ一歩スタジオの外に飛び出してみると、そこは彼の特殊能力など全く通用しない世界だった(当たり前だ)・・・!この映画の注目どころは、主演声優ジョン・トラボルタよりも、あの「アクターズ・スタジオ・インタビュー」のジェームズ・リプトン氏の声が拝める点かもしれません。

●9位には406館で公開中のイギリス映画"The Boy in the Striped Pajamas"。『ブラス』や『リトル・ヴォイス』のマーク・ハーマン監督作だけに期待が高まる一作。少年の目を通して見つめた第二次世界大戦。はたして"Striped Pajamas"の表すものとは・・・?

●11位には全米32館で公開中のダニー・ボイル最新作"Slumdog Millionaire"。インドを舞台に、インド人の俳優たちと共に作り上げたスピード感あふれるエンタテインメントとして、久々の高評価を獲得している。ちなみに劇中の要となるテレビ番組としてインド版「クイズ・ミリオネア」が登場するのだが、今年日本でも公開されたパトリス・ルコント監督作『ぼくのともだち』でもフランス版「ミリオネア」が登場したことは記憶に新しい。

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

------

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« アレックス・コックス来日! | トップページ | 『ブラインドネス』 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/43206811

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ボックスオフィスNov.21-23:

« アレックス・コックス来日! | トップページ | 『ブラインドネス』 »