« 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 | トップページ | 『大丈夫であるように』 »

2008/12/08

全米ボックスオフィスDec.05-07

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Dec.05-07 weekend】

01 Four Christmases(→) 
02 Twilight(↑)
03 Bolt(↓)
04 Australia(↑)
05 Quantum Of Solace(↓)
06 Madagascar: Escape 2 Africa(→)
07 Transporter 3(→)
08 Punisher: War Zone(-)
09 Cadillac Records(-)
10 Role Models(↓)

感謝祭の翌週は例年通りうら寂しさの募るボックスオフィス。

もうすでにクリスマスシーズンなのに、意外とこの時期にクリスマスを扱った映画は少ないんですね。海外の市場のことを考えると、むしろ季節に特化しないのが得策なのかもしれませんが、それでもこの、まさに「クリスマス!」な作品は今週も全米1位を貫いた模様です。

● 先週に引き続きリース・ウィザースプーン、ヴィンス・ヴォーン主演のクリスマス・コメディ"Four Christmases"が1位を獲得。公開後12日間の興収合計は7,080万ドルに昇る。スタジオ側は「1億ドル突破できる!」とトナカイばりに鼻息荒げている模様。

●"Twilight"は1,320万ドルを売り上げ、1ランクアップして2位。公開3週目にして既に累計1億3,855万ドルを稼ぎ出している。なお、ロイター通信の伝えるところによると、この大ヒットを受けて当然のことながら続編も引き受けるだろうと思われていたキャサリン・ハードウィック監督は、サミット・エンタテインメント側との折り合いが付かず、続投は取りやめとなったそうです。

●2週目の『オーストラリア』は700万ドルのチケット売り上げで累計3,087万ドル。製作費1億3,000万ドルの回収に向けてどれだけ邁進できるのか・・・。とはいっても、バズ・ラーマン作品は、『ムーラン・ルージュ』(製作費5,250万ドル)も全米興収は5,786万ドルほど、『ロミオ&ジュリエット』(製作費1,113万ドル)も4,600万ドルほどと、1億ドル突破とは未だ縁がないようだ。

●5位には『007/慰めの報酬』。週末興収660万ドルを得て、累計を1億5,150万ドルほどにまで上げてきている。過去を振り返ってみると『カジノ・ロワイヤル』が1億6700万ドル、『ダイ・アナザー・デイ』が1億6,100万ドルほど。

●初登場8位にランクインしたのは"Punisher:War Zone"。『ザ・パニッシャー』の続編ということになるのだが、興収400万ドルという数字をみると、はたしてシリーズ化した意味があったのかどうか。

●9位には限定公開の"Cadillac Records"。1950年代にシカゴで生まれた音楽レーベル「チェス・レコード」の創立者レオナルド・チェスとその周囲のキャラクターをめぐる喧騒を描く。エイドリアン・ブロディ、ジェフリー・ライト、ビヨンセ・ノウルズらが出演。週末の興収は350万ドル。

●ランキング外では、限定公開の『フロスト×ニクソン』が1位の"Four Christmases"の劇場アベレージを遙かに超える勢いで、凄いことになってるらしい。内容を見るだけでも興味は募る。「伝説的な英国出身コメディアンであり司会者デヴィッド・フロストとウォーターゲート事件で政界を去ったリチャード・ニクソンが、4500万人もの全米視聴者の前で熾烈なトークバトルを繰り広げる・・・」。舞台劇をそのままのキャストで映画化したもので、『クィーン』『ラストキング・オブ・スコットランド』『ブーリン家の姉妹』の名手ピーター・モーガンが脚本を務め、『ダ・ヴィンチ・コード』の続編『天使と悪魔』も控えるロン・ハワードが監督を務めている。

●AP通信の伝えるところによると、本タームのトップ12位までの興行収入の合計は7,750万ドル。『ライラの冒険/黄金の羅針盤』がNO.1を飾った昨年の同週に比べると、その売り上げ、6パーセントほど上昇してるんだそうです。金融ショックやドミノ倒産の続く中でも意外な底力を発揮するのが映画文化の真骨頂ということなのでしょうか。

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

日本でも公開が始まった『WALL・E』。全米では最終的に2億2,300万ドルほどを売り上げた。そして遂に日本でも12月10日にDVDリリースとなる『ダークナイト』、アメリカではいまだ300館で上映中が続いており、20週目の節目となった先週には5億3,000万ドルを突破し、ボックスオフィス・ランキング19位をマークしている。そしてもう一本、2月にDVDリリースの決定した『イーグル・アイ』もアメリカではいまだ公開中。しかも10週目にしてようやく1億ドルを突破。関係者もほっとひと安心といったところだろうが、製作費が8,000万ドルなので、ちょっと微妙。

------

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 | トップページ | 『大丈夫であるように』 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/43354141

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ボックスオフィスDec.05-07:

« 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 | トップページ | 『大丈夫であるように』 »