« 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』 | トップページ | 『シリアの花嫁』 »

2008/12/01

全米ボックスオフィスNov.28-30

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Nov.28-30 weekend】

01 Four Christmases(-) 
02 Bolt(↑)
03 Twilight(↓)
04 Quantum Of Solace(↓)
05 Australia(-)
06 Madagascar: Escape 2 Africa(↓)
07 Transporter 3(-)
08 Role Models(↓)
09 The Boy in the Striped Pajamas(→)
10 Milk(-)

アメリカの映画業界で最も重要な繁盛期、つまりサンクス・ギビング・デイ(木曜)を擁した一週間が過ぎ去っていきました。その結果のほどは、トップ12位までの興収の合計が他年の同タームと比較して史上2番目に高いという好調ぶり。はたして多くのアメリカ人の心を捉えたのはどの作品だったのでしょうか?

●週末成績第1位を飾ったのはヴィンス・ヴォーンとリース・ウィザースプーン主演のロマンティック・コメディ"Four Christmases"。ふたりの演じる未婚カップルが、離婚してバラバラに暮らす4人の両親たちを1日のうちに訪問する物語。ストライクゾーンの広い作風に人気が集中したのか、週末3日間の売り上げは3,170万ドル。累計を4,670万ドルとした。

●先週1位と3位にランクインしていた"Twilight"と"Bolt"は、ほんの僅差で形成が逆転。2位のディズニーのお犬様ムービー"Bolt"は、2,260万ドルを計上して、現在までの累計を6,686万ドルとした。3位の"Twilight"は、先週の熱狂ぶりもやや落ち着き、週末興収2,237万ドル、累計興収は1億1,969万ドルとなった。日本では邦題を『トワイライト~初恋~』として、アスミック・エースと角川エンタテインメントの配給により2009年4月頃の公開を予定しているとのこと。

●4位には3週目の『007/慰めの報酬』が踏みとどまった。週末興収を6,752万ドル(1週目)→2,670万ドル(2週目)→1,950万ドル(3週目)と移動させ、現在の累計は1億4,200万ドル。先週は来日記者会見も開催され、1月24日の日本公開に向けて少しずつ熱が高まってきました。ただ、同じように世界中で大ヒットした『ダークナイト』が日本で伸び悩んだ例があるだけに、配給会社も正月戦線、気が抜けませんね。

●さて、今週最も注目を集めるのはこの作品のはず!と一人で早合点していたら、あらら、『オーストラリア』は5位発進ですか!ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンという2大オージー俳優を擁し、監督を務めるのはあの『ムーランルージュ』のバズ・ラーマン。第二次大戦の開戦前夜、1500頭の牛を相続した未亡人が、ひとりのカウボーイと共にオーストラリアの大自然を900キロ横断するという2時間35分の超大作。製作費が1億3,000万ドルと伝えられており、オープニング3日間の興収1,481万ドル、5日間で2,000万ドルという数字は関係者を落胆させていることだろう。日本での公開は2009年2月28日。

●『トランスポーター』シリーズ第3弾、その名もストレートに"Transporter 3"は初登場7位。こちらも3日間の興収1,233万ドル、5日間の累計1,850万ドルとあまり奮っていない。監督は前作のルイ・リテリエから、こちらもフランス人のオリヴィエ・メガトン。もはやフランス人監督のハリウッド登竜門ですな。

●そして最後に忘れてはならないのが、たった36館の限定公開ながら10位にランクインしてきたガス・ヴァン・サント監督の最新作"Milk"。アカデミー賞へのノミネートも噂される本作はショーン・ペンがゲイの人権活動家ハーヴェイ・ミルクを演じ、ペンの監督作『イントゥ・ザ・ワイルド』で主演したエミール・ハーシュら強力な共演者が結集していることでも話題になっている。週末の3日間の興収は138万ドルほどで、1館あたりの収益率は"Four Christmases"よりも高い。同程度の劇場数でこれほどの売り上げを記録したのは過去に例を見ないという。

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

------

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』 | トップページ | 『シリアの花嫁』 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/43282733

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ボックスオフィスNov.28-30:

« 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』 | トップページ | 『シリアの花嫁』 »