« 『永遠のこどもたち』 | トップページ | アレックス・コックス監督インタビュー »

2009/01/05

全米ボックスオフィスJan.02-04

ボックスオフィスからもハッピーニューイヤー。
新年一発目の晴れあるランキングは
新作なしの、しかも7作品が不動のまま。
いまや1億ドルの「お犬さま」となったマーレーの天下は
いったいいつまで続くのか?

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Jan.02-04 weekend】

01 Marley & Me(→) 
02 Bedtime Stories(→)
03 The Curious Case of Benjamin Button(→)
04 Valkyrie(→)
05 Yes Man(→)
06 Seven Pounds(→)
07 The Tale of Despereaux(→)
08 Doubt(↑)
09 The Day the Earth Stood still(↓)
10 Slumdog Millionaire(↑)

●2008年のアメリカ国内における映画収益は96億3,000万ドルで、前年の96億8,000万ドルを下回った。チケット売り上げ枚数では前年よりも4.3パーセント下落。しかし今年の新年は強力なラインナップが映画産業をしっかりとバックアップ!

●今回はダニエル・クレイグ主演の『ディファイアンス』、ヴィゴ・モーテンセン主演の"Good"という、ナチスがらみの2作品が限定公開を迎えたのみで、ランキング的には代わり映えのしないものとなっている。2週連続1位で新年の顔となった『マーリー』は2,140万ドルと相変わらずの順調ぶりをキープ。公開11日目で早くも1億ドルを突破し、現在までの累計は1億650万ドルにのぼる。このご時世、人々はやはりハートウォーミングなものを求めているのか。邦題は『マーリー/世界一おバカな犬が教えてくれたこと』に決定しています。

●『マーリー』に肉薄してきた『ベッドタイム・ストーリー』は2,030万ドルを売り上げ、これまでの累計を8,540万ドルとした。『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』は1,840万ドルの稼ぎで累計が7,900万ドル。これに続く『ワルキューレ』、『イエスマン"YES"は人生のパスワード』もそれぞれ6,070万ドル、7,940万ドルと、まだまだ1億ドルを狙える位置につけている。

●そして10位には、ダニー・ボイル監督の『スラムドッグ・ミリオネア』が再浮上。今年のお正月最大の驚きは、元旦の朝日新聞の朝刊第一面でこの映画の躍進ぶりが報じられたことでした(ハリウッドの凋落と、映画の「極の拡散」について触れる内容)。記事内では「アカデミー賞の最有力候補」とも言われていますが、はたしてどうなることやら。日本ではギャガ・コミュニケーションズの配給で4月に公開予定。

●今週の金曜日からは、クリント・イーストウッド監督・主演作『グラン・トリノ』が拡大公開を迎える。ランキングにどのように食い込んでくるのか、期待が集まる。

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

------

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« 『永遠のこどもたち』 | トップページ | アレックス・コックス監督インタビュー »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/43643604

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ボックスオフィスJan.02-04:

« 『永遠のこどもたち』 | トップページ | アレックス・コックス監督インタビュー »