« 『ウォッチメン』 | トップページ | 『ワルキューレ』 »

2009/03/09

全米ボックスオフィスMar.06-08

長らくファンから待ち望まれていたあのヒーロー・ムービーが満を持して登場。といってもこの映画、他のヒーロー物とはかなり気色が違うようで、ジャンル的には「SF」「アクション」よりも「ミステリー」の占める割合が大きい。はたして関係者の望む“『ダークナイト』級のホームラン”は飛び出したのでしょうか?

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Mar.06-08 weekend】

01 Watchmen(-) 
02 Tyler Perry's Madea Goes to Jail(↓)
03 Taken(↑)
04 Slumdog Millionaire(↓)
05 Paul Blart: Mall Cop(↑)
06 He's Just Not That Into You(↓)
07 Coraline(→)
08 Confessions of a Shopaholic(↑)
09 Jonas Brothers:The 3D Concert Experience(↓)
10 Fired Up!(→)

●日本でも3月28日より封切られる『ウォッチメン』が興収5,565万ドルという大きな数字を叩きだし首位デビュー。しかしアメコミ界で超カルト的人気を集める原作の映画化だっただけに関係者の期待はやたらと高すぎたようで、各メディアを紐解いてみても満足そうなコメントは聞こえてこない。前作『300 スリーハンドレッド』をオープニング3日間で興収7,000万ドルを稼ぎ出す(国内累計は2億1,000万ドル)大ヒット作へと仕立て上げたザック・スナイダー監督も、そのさらに上をいくことは叶わなかった。とはいえ、2時間45分という尺の長さ、R指定といったネックを抱えながらのこの数字は、妥当な線と言えるのではないだろうか。ちなみに本作の製作費は1億2,500万ドルと言われている。

●昨年のヒーロー映画(累計興収/オープニング週末)と比較してみると、『ダークナイト』(5億3,300万ドル/1億5,800万ドル)、『アイアンマン』(3億1,800万ドル/9,860万ドル)、『インクレディブル・ハルク』(1億3,480万ドル/5,540万ドル)という具合になる。

●新作不在の2位以下は興収がグッと落ち込んだ。黒人層に圧倒的人気を持つタイラー・ペリー監督・主演作"Madea Goes To Jail"は3週目にしてようやく首位脱落。880万ドルを計上し、累計を7,650万ドルに伸ばした。しかしどれだけヒットしても、日本の劇場で鑑賞できる日はまだまだ遠いことでしょう。

●リーアム・ニーソン主演のサスペンス映画"Taken"は6週目にして3位へ就任した。この作品、ずっとこのあたりの順位をキープしつづけている。こんなにブレのない、安定した人気を獲得する作品はめずらしい。週末の興収は745万ドル。累計は1億1,800万ドル。

●17週目にして3000館近くの劇場で公開中の『スラムドッグ・ミリオネア』は4位。さすがにオスカー効果も薄れ、週末の稼ぎも先週の半分、690万ドルほどに落ち込んだ。現在までの累計は1億2,544万ドルに昇る。

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

------

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« 『ウォッチメン』 | トップページ | 『ワルキューレ』 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/44288686

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ボックスオフィスMar.06-08:

« 『ウォッチメン』 | トップページ | 『ワルキューレ』 »