« スラムドッグ少年役の家屋が強制撤去 | トップページ | アン・リーが描くウッドストック »

2009/05/18

全米ボックスオフィスMay15-17

3週連続の話題作登場で沸き返るボックスオフィス。『ウルヴァリン』、『スター・トレック』、そして・・・。はてさて今週は大ベストセラーの名に恥じない、高い数字を収めることができたのでしょうか?微笑んだのは、天使か?悪魔か?

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【May 15-17 weekend】

01 Angels & Demons (-)
02 Star Trek (↓)
03 X-Men Origins: Wolverine (↓)
04 Ghosts of Girlfriends Past Observed (↓)
05 Obsessed (↓)
06 17 Again (↓)
07 Monsters vs. Aliens (↑)
08 The Solist (↓)
09 Next Day Air (↓)
10 Earth(↓)

数字の確定を受けて、弱冠の修正を加えました。
●5月15日に全世界同時公開を迎えた『天使と悪魔』が初日3日間で4,800万4620万ドルを売り上げ、なんとかNO.1スタートの座を獲得。2位の『スター・トレック』とは500万ドルの僅差であり、トレック側にもうひと風吹いていれば逆転もあり得たかもしれない。2006年の同時期に公開された『ダ・ヴィンチ・コード』のオープニング興収が7,700万ドル(最終的な興収は2億1,753万ドルに及んだ)だったことを考えても、シリーズ第2作目は売り方が非常に難しいことが伺える。なお、『天使と悪魔』の製作費は1億5,000万ドルと伝えられている。

●2週目の『スター・トレック』は10日間の興業で1億4,761万1億4764万ドルを稼ぎだし、順調な推移で飛行中。"Live long, and prosper!"(←言ってみたかっただけ)

●"ウルヴァリン:X-MEN ZERO"は3位へ。累計興収は1億5,100万ドルに達し、3週目にして製作費の1億5,000万ドルを国内だけでペイした形となる。

●単館にも目を拡げてみよう。日本でも週末に封切られたフランス映画『夏時間の庭』"Summer Hours"はアメリカでは2館のみの上映。こちらは1館あたりのアベレージ24,100ドルと、『天使と悪魔』の13,600ドル、先週の『スター・トレック』の19,500ドルさえも上回る、極めて高い数字をたたきだしている。

●『BRICK ブリック』のライアン・ジョンソンが監督を務めた"The Brothers Bloom"がも4館で限定公開スタート。一館あたりのアベレージが20,500ドルと、こちらも極めて高い数字を記録している。5月29日より全米にて拡大公開を予定。

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。


ライアン・ジョンソン監督の名を一気にハリウッド中に知らしめたオリジナリティあふれる一作『ブリック』。いまだに日本での浸透率は低いですが、個人的には2007年に鑑賞した映画の中で2番目に心惹かれた作品となりました。もし機会があれば、レンタルなりテレビ放送なり、ぜひご覧ください。

------

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« スラムドッグ少年役の家屋が強制撤去 | トップページ | アン・リーが描くウッドストック »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/45052175

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ボックスオフィスMay15-17:

« スラムドッグ少年役の家屋が強制撤去 | トップページ | アン・リーが描くウッドストック »