« 『愛を読むひと』 | トップページ | 『HACHI/約束の犬』 »

2009/06/18

『3時10分、決断のとき』

かつてモンティ・パイソンがたった15秒でプルーストの「失われたときを求めて」を要約しようとしたことに敬意を表し、ここでは新作映画をたった300文字で語りきります。というわけで、今回のお題は、『3時10分、決断のとき』。

310toyuma_2 

西部劇だからって敬遠している場合じゃない!

原作はエルモア・レナードの短編小説。長らく町を恐怖に陥れてきた大犯罪人ウェイドが逮捕され、ダンらによる囚人移送がはじまる。目指すは3時10分発ユマ行きの列車。ボス奪還のためウェイドの手下がゾンビのごとく襲い来る中、その猛火をかいくぐるダンとウェイドは仄かな絆で結ばれていく・・・。全米公開時に絶賛されながら2年間も日本公開が待たれてきた本作。決して説明的に陥らない破格の緊迫状況といい、乾いた荒野に滲み出す濃厚なキャラクターといい、まるで黒澤映画を見ているかのよう。そして主演のふたりが大画面で交わす眼の演技ときたら、もう“圧巻”のひと言に尽きる。荒くれ者たちの執念を、ぜひ現代のバイブレーションで体感してほしい。

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

3時10分、決断のとき
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ピーター・フォンダ、グレッチェン・モル
(2007年/アメリカ)シナジー

------

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« 『愛を読むひと』 | トップページ | 『HACHI/約束の犬』 »

【新感覚アクション】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/45378936

この記事へのトラックバック一覧です: 『3時10分、決断のとき』:

« 『愛を読むひと』 | トップページ | 『HACHI/約束の犬』 »