« UK映画産業の増収 | トップページ | 経営陣も震える凄腕ブロガー »

2009/07/18

ハリウッドで最も稼いだ男

ハリウッドで最も稼いでいる人物は誰か?その答えは、誰もがよく知るあの男でした。

http://www.forbes.com/2009/07/14/hollywoods-top-earning-men-business-entertainment-hollywood-men.html

フォーブスのウェブサイトが「2008年6月~2009年6月」における高額所得者ランキングを報じている。それによると、ずばり単刀直入に言って、トップに君臨するのはジョージ・ルーカスだ。フォーブスの独自調査によると、昨年ざっと1憶7,000万ドルを稼ぎだしている。その内訳は、いまだに『スター・ウォーズ』シリーズ関連が多く、毎年オモチャ会社Hasbroからは相応のロイヤリティが支払われている。

加えて昨年はルーカスがプロデュースと脚本を担当した『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』が大ヒット。本作は世界で7億8,700万ドルを売り上げ、続編製作にあたってスタジオ側から有利な条件を引き出していたルーカス、スピルバーグ、ハリソン・フォードの懐事情をかなり潤す結果となった。

この映画の監督を務めたスティーブン・スピルバーグは1憶5,000万ドルを稼ぎ出し、ルーカスに続く2位。主演のハリソン・フォードは、ここ最近は大ヒット作からは遠ざかっていたものの、晴れて11位にランクインしている。

3位には『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ(3部作の世界興収は27億ドル)やテレビシリーズ「CSI:科学捜査班」「CSI:マイアミ」「CSI:ニューヨーク」を手掛ける大物プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーが登場。その収入は1億ドルにのぼる。

続く4位には1998年に最終回を迎えながらも未だに全米の放送局で再放送され続けている「となりのサインフェルド」を製作、自身も主演したジェリー・サインフェルド(8,500万ドル)、5位にはテレビ番組のパーソナリティ、作家、元・精神科医でもあるフィル・マックグロウが続いている。

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

------

TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« UK映画産業の増収 | トップページ | 経営陣も震える凄腕ブロガー »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハリウッドで最も稼いだ男:

« UK映画産業の増収 | トップページ | 経営陣も震える凄腕ブロガー »