« 若年層のための、ブルーノ | トップページ | ソダーバーグの憂鬱 »

2009/07/15

『色即ぜねれいしょん』

300文字レビュー」とは、映画への想いをたった300文字に凝縮させる、お手軽な文系スポーツ。今回のお題は『色即ぜねれいしょん』です。

世界のど真ん中でラブ&ピースを叫ぶ
「ほうねん!ほうねん!(*)」そんな奇妙なコールで仏教系中学の青春が幕を開ける。主人公は仏像とディランを愛する文化系男子。妄想たくましく、夏はフリーセックスを夢見てユース・ホステルを旅し、ほどほどに恋もし、周りの怪しい大人たちに感化され少しずつ成長を遂げていく・・・。みうらじゅん&田口トモロヲの『アイデン&ティティ』コンビは、またしても愛すべき仲間たちと共に泥くさ~い青春群像を提示。が、そのがむしゃらさも突き抜けると思いがけない爽やかさに変わる。そして青年は何かをつかみ取り、目の色を変えて謡うのだ。この魂の叫びのような歌声に、世界の片隅で自分の居場所を見出せた彼の産声を聞いた。胸にぐっと来る快作だ。

*ほうねん=法然

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

色即ぜねれいしょん
監督:田口トモロヲ
出演:渡辺大和、峯田和伸、岸田繁、堀ちえみ、りりー・フランキー
臼田あさ美、石橋杏奈、森岡龍、森田直幸
(2009年/日本)スタイル・ジャム

------
TOP】【過去レビュー】【DIARY

|

« 若年層のための、ブルーノ | トップページ | ソダーバーグの憂鬱 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/45640722

この記事へのトラックバック一覧です: 『色即ぜねれいしょん』:

« 若年層のための、ブルーノ | トップページ | ソダーバーグの憂鬱 »