« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/28

全米ボックスオフィスSep.25-27

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Sep.25 - 27 weekend】

01 Cloudy With a Chance of Meatball (→)
02 Surrogates (-)

03 Fame (-)
04 The Informant!(↓)
05 Tyler Perry's I Can Do Bad All By Myself (↓)
06 Pandorum (-)
07 Love Happens (↓)
08 Jennifer's Body (↓)
09 9(↓)
10 Inglourious Basterds (↓)

例年、夏の終りと同時に急速に冷え込む秋興行。ランキングを概観すると、まずは順当、3Dアニメーション『くもりときどきミートボール』がV2を達成。週末3日間の興収2,460万ドルと、先週に比べて19パーセント減と落ち方も少ない。公開後10日間の累計興収は6,000万ドルに昇る。2位にはブルース・ウィリス主演のSFスリラー"Surrogates"がランクイン。予告編を見た限りでは、今年『ターミネーター4』の登場ですっかり『ターミネーター3』が無かったことにされてしまったジョナサン・モストウ監督が、自分なりのやり方でロボット工学の未来を追究しているようにも思える。その職人としての意地は大いに尊重したいが、しかし8000万ドルとう製作費に対して週末興収は1,500万ドルと特筆すべき結果が出せなかった。1980年の大ヒット・ミュージカル映画のリメイク"Fame"も興収1000万ドル程度と、同年代をターゲットにした『マンマミーア!』のような波には乗れなかった。先週2位だった"The Informant!"は週末興収700万ドルにまで低迷し累計ではようやく2000万ドルを越えた程度。しかし製作費が2200万ドルと安上がりで、もうじきカバーできそうだ。

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

児童文学の映画化が続く。11月に全米公開となるウェス・アンダーソン監督の最新作"Fantastic Mr.Fox"も「チョコレート工場の秘密」などで知られたロアルド・ダールの原作を基にしており、予告編を観た限りだと見事にアンダーソン色と融合していて驚かされます。
TOP】【レビュー】【TWITTER

| | トラックバック (0)

2009/09/27

『アドレナリン:ハイ・ボルテージ』

これまでアクションやサスペンスといったジャンルに緊迫感をもたらすのには「時間的、空間的な制限を加える」という手法がほとんどだった。『アドレナリン』シリーズのように主人公の体調がひとつのリズム、リミットを刻むというありかたは、どう批判的に見たとしても「新しい」と言わざるを得ない。

続きを読む "『アドレナリン:ハイ・ボルテージ』"

| | トラックバック (0)

2009/09/26

ココ・アヴァン・シャネル

ココ・シャネルに関する映画が3本公開される。
『ココ・アヴァン・シャネル』はその中でも、いわゆる「エピソード1」にあたる位置づけ。最盛期の前日譚とはそこで描かれる人物が有名であればあるほど、人生の中で最も伏線のつまった旨味部分といえよう。

続きを読む "ココ・アヴァン・シャネル"

| | トラックバック (0)

2009/09/23

リミッツ・オブ・コントロール

はたして映画以外の表現手段でこの「物語らしきもの」を成立させることは可能なのだろうか。いまだに映画は文学の従属品だと考える人も多いが、この男、ジム・ジャームッシュは他の映画人の追随を許さぬ卓越したマイペースぶりで、観客の想像力を挑発し、それぞれが抱える「映画の境界らしきもの」を飛び超えさせようとする。

Thelimitsofcontrol_4   

続きを読む "リミッツ・オブ・コントロール"

| | トラックバック (0)

2009/09/22

Auschwitz5~入場口で途方に暮れる~

アウシュヴィッツと呼ぶにはあまりにギャップのある長閑な緑地帯の風景に目を奪われながら、いよいよアウシュヴィッツ博物館の正面玄関に足を踏み入れる。

ふと高校時代の購買部を思わせる売店が目に飛び込んできた。高校時代を彷彿とさせる理由として、ここに調理パンが売られていたことが挙げられる。ひとつ2ズロチ(80円くらい)の調理パン。ポーランドの売店ではとにかくこの調理パンをよく見かける。パッケージングされてはいない、剥き出しのままで売られている調理パン。

続きを読む "Auschwitz5~入場口で途方に暮れる~"

| | トラックバック (0)

2009/09/21

全米ボックスオフィスSep.18-20

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Sep.18 - 20 weekend】

01 Cloudy With a Chance of Meatball (-)
02 The Informant! (-)

03 Tyler Perry's I Can Do Bad All By Myself (↓)
04 Love Happens (-)
05 Jennifer's Body (-)
06 9 (↓)
07 Inglourious Basterds (↓)
08 All About Steve  (↓)
09 Sorority Row (↓)
10 The Final Destination  (↓)

1位には日米ほぼ同時公開の3Dアニメーション『くもりときどきミートボール』が初登場。オープニング3日間の興収は3,010万ドル。2位以下は比較的低予算(3000万ドル以下)の作品が並ぶ。"The Informant!"は『ボーン・アイデンティティ』シリーズのマット・デイモン主演、『チェ』2部作のスティーヴン・ソダーバーグ監督作。大企業に勤める社員が自ら進んで自社の不正を暴露しようとするが、その告発がだんだんと事実なのか空想なのか分からなくなっていく実話。1位にくらべ興収はグッと落ち込んで1,054万ドル。しかし一部では高い評価を得ている。先週1位の"Tyler Perry's~"は3位へ転落。10日間の興収は3,793万ドル。これと同時期に彼のプロデュース作がトロントで最高賞に輝いたことも記憶に留めておきたい。高い評価を得ているはずの"9"も全米2000館規模ながら10日間の興収が2,279万ドル。ティム・バートン製作のダークなアニメーションゆえMPAAからPG-13を食らっていることも影響か。

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

| | トラックバック (0)

2009/09/16

Auschwitz4~オシフェンチウムへ~

バリツェ・エキスプレスを使うと約15分でクラクフ中央駅に到着する。もうこの時点でイギリスの宿泊先を後にして7時間が経過していた。現地時間では午前11時。アウシュビッツ訪問に関する様々な記述を読むと「午前中にクラクフを出発」が基本とされているので、僕にはもはや一刻の猶予もなかった。

続きを読む "Auschwitz4~オシフェンチウムへ~"

| | トラックバック (0)

2009/09/15

Auschwitz3~バリツェ・エキスプレス~

ヨハネ・パウロ2世・クラクフ・バリツェ国際空港に機体が降り立つと、シートベルト着用サインが消えない内から皆が「せーの!」で一斉に立ち上がる。我先にと荷物を抱え、一本しかない機内の通路を埋め尽くすのである。すっかり出遅れた僕は「いちばん最後に降りようかな」くらいのノンビリした態度で身構えていたのだが、ここで僕はまず最初のビックリに直面することとなる。

続きを読む "Auschwitz3~バリツェ・エキスプレス~"

| | トラックバック (0)

Aucshwitz2~格安フライトでポーランドへ~

「アウシュビッツ」という名前が頭に浮かんだ時に、僕はすぐにドイツの地図を広げていました。しかしそれはちゃんとした義務教育を積んできた大人ならすぐに間違いだと気付くはず(実際にはポーランドにあります)・・・10分後、まだドイツの地図を拡げて格闘を続ける僕がいました。

続きを読む "Aucshwitz2~格安フライトでポーランドへ~"

| | トラックバック (0)

2009/09/14

全米ボックスオフィスSep.11-13

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Sep.11 - 13 weekend】

01 Tyler Perry's I Can Do Bad All By Myself (-)
02 9 (-)

03 Inglourious Basterds (↓)
04 All About Steve (↓)
05 The Final Destination (↓)
06 Sorority Row (-)
07 Whiteout (-)
08 District 9 (↓)
09 Julie & Julia (↓)
10 Gamer (↓)

8年目の9.11を迎えたアメリカ。いまや「初登場1位」が指定席となったアフリカン・アメリカンの映画監督タイラー・ペリーの最新作"Tyler Perry's I Can Do Bad All By Myself "がオープニング3日間で2,403万ドルを計上し、今回も難なく定位置に落ち着いた。日本では知名度ゼロの彼だが、かつてのホームレス生活から現在のヒットメイカーへと至った道のりはハリウッドにおける最も輝ける成功譚のひとつとして語られることが多い。"Madea"というクセのある婆さんキャラ(タイラー自身が演じる)をフィーチャーした一連の作品群は、常に幅広い観客を動員してブラックカルチャーの強さを見せつけている。2位にはティム・バートンが製作を務めるダークなSFアニメーション"9"がランクイン。こちらはタイトルに合わせて2009年9月9日より封切られ、5日間の累計興収は1,526万ドル。3位の『イングロリアス・バスターズ』は封切りから23日目にして累計興収1億ドルを突破。今週中にも『パルプ・フィクション』の持つ1憶7,092万ドルを越え、タランティーノ作品としての歴代最高収益を記録する見込みだ。

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

タイラー・ペリー作品の代名詞とも言うべき婆さんキャラ"Madea"。毎作とも映画興行的にラインナップが薄手の時期にガッツリと好成績を納める定番シリーズとなっています(輸入盤DVDです。ご自宅のプレーヤーでは再生できない可能性があります)。

TOP】【レビュー】【TWITTER

| | トラックバック (0)

2009/09/12

『しんぼる』

300文字レビュー」とは、映画への想いをたった300文字に凝縮させる、お手軽な文系スポーツ。今回のお題は『しんぼる』です。

神の目線で語られるナショナル・ジオグラフィック
メキシコの荒野に立つ一軒の民家。いつもと変わらぬ朝の風景。しかし覆面レスラーを生業とする父は、自分よりも一回りも若い相手とのデスマッチを前に気重そうに宙を見つめる
。ところ変わって、見渡す限り真っ白な部屋。ここにひとり閉じ込められた男(松本人志)は、なんとか脱出を試みようと試行錯誤を繰り返していた…。洋画的な質感のメキシコパートとTVコントのような室内パートが交互に展開する本作。『大日本人』を一昨年のベストに挙げた僕だが、今回はもうダメかと思った。けれど最後の最後に事件が起きた。この圧倒的な幕切れに僕は本気で泣いたのだ。グローバルかつ形而上学的な想像力のビッグバン。これはもはや映画を超えた映像詩の域だ。

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

------
TOP】【過去レビュー】【twitter

| | トラックバック (0)

2009/09/11

Auschwitz

twitterではすでにご報告ずみですが、8月21日~9月3日までの英国滞在中にポーランドまで足を伸ばしてまいりました。一泊二日の強行軍で目指した先は、首都ワルシャワから遠く遠く離れた小さな町、オシフェンチウム。アウシュビッツ収容所はその町にありました。

続きを読む "Auschwitz"

| | トラックバック (0)

2009/09/07

全米ボックスオフィスSep.4-6

映画の技術革命といえば、サウンド、カラー、そして3D。ハリウッド大作の3D化の波が強まる中、そのテリトリーはこれまでのファミリー向けアドベンチャーから大きく船出し、アクションやホラーの域にまで到着。人間はそこまでして刺激を求める生き物なのでしょうか・・・。というわけで、人気シリーズ3D版の2連覇なるか?週末興行成績をチェックしていきましょう。

続きを読む "全米ボックスオフィスSep.4-6"

| | トラックバック (0)

全米ボックスオフィスAug.28-30

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Aug. 28 - 30 weekend】

01 The Final Destination (-)
02 Inglourious Basterds (↓)

03 HalloweenⅡ(-)
04 District 9 (↓)
05 G.I.Joe:The Rise of Cobra (↓)
06 Julie & Julia (↓)
07 The Time Traveler's Wife (↓)
08 Shorts (↓)
09 Taking Woodstock (-)
10 G-Force (↓)

TOP】【レビュー】【TWITTER

| | トラックバック (0)

全米ボックスオフィスAug.21-23

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Aug. 21 - 23 weekend】

01 Inglourious Basterds (-)
02 District 9(↓)

03 G.I.Joe:The Rise of Cobra (↓)
04 The Time Traveler's Wife (↓)
05 Julie & Julia (↓)
06 Shorts (-)
07 G-Force (↓)
08 Harry Potter And The Half-Blood Prince (↓)
09 The Ugly Truth (-)
10 The Goods; Live Hard, Sell Hard(↓)

TOP】【レビュー】【TWITTER

| | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »