« 少年トロツキー "The Torotsky" | トップページ | 『悪夢のエレベーター』 »

2009/10/12

全米ボックスオフィスOct.09-11

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Oct.09 - 11 weekend】

01 Couples Retreat (-)
02 Zombieland (↓)

03 Cloudy With a Chance of Meatball (↓)
04 Toy Story/Toy Story2 (↓)
05 Paranormal Activity (↑)
06 Surrogates (↓)
07 The Invention of Lying (↓)
08 Whip It (↓)
09 Capitalism:A Love Story (↓)
10 Fame (↓)

ヴィンス・ヴォーン主演のコメディ"Couples Retreat"が、配給元さえ予想しなかった好調なオープニング成績(3,530万ドル)を打ち立て、ボックスオフィスの首位を飾った。ヴォーン自らが製作と脚本も手がけた本作はリゾートでのグループ・セラピーに参加した4組のカップルの物語。先週の王者"Zombieland"は約40パーセント落ちの1,500万ドルを計上し、10日間の累計を4780万ドルとした。これは製作費のダブルスコアに相当する。3位の『くもりときどきミートボール』はヒットの基準とされる「1億ドル」ラインまであと一息。さらに今週もっとも注目が集まっているのが、先週までの限定上映から5位にまで急浮上してきた"Paranormal Activity"。『ブレアウィッチ・プロジェクト』とも比較されるこの作品は、若いカップルが自宅内で起こる超常現象をカメラに収めようとするフェイク・ドキュメンタリーで、公式サイトの予告編が功を奏してか、ツイッターやfacebookを通じてどんどん口コミが広がっていったという。製作費も格安の1万5,000ドルと伝えられている。


そしていよいよ今週末からは全米でスパイク・ジョーンズ監督作『かいじゅうたちのいるところ』"Where the Wild Things Are"が公開。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 少年トロツキー "The Torotsky" | トップページ | 『悪夢のエレベーター』 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/46461735

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ボックスオフィスOct.09-11:

« 少年トロツキー "The Torotsky" | トップページ | 『悪夢のエレベーター』 »