« アンヴィル! | トップページ | 全米ボックスオフィスNov.06-08 »

2009/11/02

全米ボックスオフィスOct.30-Nov.01

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Oct.30 - Nov.01 weekend】

01 Michael Jackson's This Is It (‐)
02 Paranormal Activity (↓)

03 Law Abiding Citizen (↑)
04 Couple Retreat (↑)
05 SawⅥ(↓)
06 Where the Wild Things Are (↓)
07 The Stepfather (↑)
08 Astro Boy (↓)
09 Amelia (↑)
10 Cirque du Freak: The Vampire's Assistant  (↓)

■マイケル・ジャクソンが遺したロンドン公演のリハーサル映像ドキュメンタリー"This Is It"が、北米の週末3日間の推計興収2,130万ドル2324万ドルを記録して首位に立った。本作の監督を務めたケニー・オルテガは、昨年の同時期に公開された『ハイスクール・ミュージカル3』でもボックスオフィスNO.1を獲得している。ちなみにスタジオ側の集計だと"This Is It"の観客の65パーセントが25歳以上とのことで、いわゆるブームに流されやすい若年層とは違って、今後も数字の落ち方は緩やかであることが予想される。■2位には相変わらず根強い人気を誇る低予算心霊ムービー"Paranormal Activity"。新たに推計1,654万ドルを計上し、累積興収を8,478万ドルとした。■3位には先週より1ランクアップの"Law Abiding Citizen"。売り上げ額がようやく製作費5,000万ドルをカバーし、関係者もほっとひと安心といったところか。■3週目の『かいじゅうたちのいるところ』はランキングを3つ落とし、6位へ。累積興収を6,180万ドルとした。■トップ10圏外から飛来した"Amelia"は、ヒラリー・スワンクが女性で初めて大西洋横断を成し遂げたパイロットに扮するドラマ。公開前は「アカデミー賞狙えるか?」という海外記事を多数見かけたが、公開後にはサッパリ途絶えてしまった。

現在の音楽産業はビートルズの再販とマイケル・ジャクソンの追悼でなんとか持っている状態なんだとか。実際、渋谷のHMVなどに行ってみて、はじめてその厳しい現状を目の当たりにすることができました。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« アンヴィル! | トップページ | 全米ボックスオフィスNov.06-08 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/46649689

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ボックスオフィスOct.30-Nov.01:

« アンヴィル! | トップページ | 全米ボックスオフィスNov.06-08 »