« インビクタス 負けざる者たち | トップページ | ゴールデン・グローブ賞ノミネート発表 »

2009/12/14

全米ボックスオフィスDec.11-13

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Dec.11-13 weekend】

01 The Princess and the Frog (↑)
02 The Blind Side (↓)

03 Invictus (-)
04 The Twilight Saga:New Moon (↓) 
05 Disnry's A Christmas Carol (↓)
06 Brothers (↓)
07 2012 (↓)
08 Old Dogs (↓)
09 Armored (↓)
10 Ninja Assassin (↓)

■伝統的な手描きアニメーションを復活させたディズニー作品『プリンセスと魔法のキス』がいよいよ拡大公開。週末の推計興収2,500万ドルとし、1位を獲得した。■予想外の粘りをみせる"The Blind Side"は1,545万ドルを売り上げ、2位にとどまった。製作費は3000万ドルに満たないのに、累積では1億5,000万ドルを突破している。■3位には、1位、2位と比べて1000館以上も上映規模の小さい『インビクタス 負けざる者たち』がランクイン。推計興収は900万ドル程度。製作費は6000万ドルと言われており、これはイーストウッド作品としては高額の部類に入る。これからの賞シーズンでどれだけ存在感をアピールできるかがポイントとなりそうだ。■勢いが削がれてきた『トワイライト・サーガ/ニュームーン』は推計興収800万ドルを計上して累積を2億6,700万ドルとした。■というわけで、トップ10圏内はいささか冴えない内容だが、圏外には動きが見え始めている。これはアカデミー賞へのエントリー条件が「年内に劇場封切された作品」(2、3館の限定公開でもOK)で、いよいよ駆け込み公開が始まっているため。これらの作品群は興収よりも1館あたりのアベレージで見たほうがその現象を的確に把握できそうだ。■まず『マイレージ、マイライフ』(Up in the Air)は先週より60館程度の上映拡大を図り、ランキング11位。アベレージは推計34,000ドルと依然として高稼働を続けている。■東京国際映画祭での上映でも話題になったデザイナーのトム・フォードの初監督作"A Single Man"は9館で封切られ、アベレージ推計24,000ドル。■そしてピーター・ジャクソンの最新作『ラブリー・ボーン』も3館で封切られ、アベレージ推計38,000ドルという高数字を叩き出している。これは1位『プリンセスの魔法のキス』のアベレージの5倍以上にあたる。

↓この記事が参考になったら押してください

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« インビクタス 負けざる者たち | トップページ | ゴールデン・グローブ賞ノミネート発表 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/47012710

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ボックスオフィスDec.11-13:

« インビクタス 負けざる者たち | トップページ | ゴールデン・グローブ賞ノミネート発表 »