« 新しい人生のはじめかた | トップページ | アウシュビッツの門をくぐり・・・ »

2010/02/15

全米興業成績Feb.12-14

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Feb.12-14 weekend】

01 Valentine's Day (-)
02 Percy Jackson & The Olympians (-)

03 The Wolfman (-)
04 Avatar (↓) 
05 Dear John (↓)
06 Tooth Fairy (↓)
07 From Paris with Love (↓)
08 Edge of Darkness (↓)
09 Crazy Heart  (↓)
10 When in Rome (↓)

■今週の月曜は“大統領の日”(リンカーンとワシントンの誕生日を祝福する祝日)にあたるため、週末ボックスオフィスも大いに火を噴いた。

■さて、この作品から始めよう。錚々たるハリウッドスターたちが横一線で出演する『バレンタインデー』。推計興収5,240万ドルという予想を上回る数字を叩き出し、北米興業成績1位を獲得した。男女15人ものスターたちの“特別な日”を紡ぐのは『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャル監督。製作費も興収とほぼ同じ5200万ドルと報じられており(偶然の一致?)、季節モノとはいえ、まだまだこのジャンルが有効であることを証明した。もしかすると先週の"Dear John"を観た観客がそこで流れた予告編に惹かれて今週も劇場へ・・・ってパターンもあるのかな。

■2位には『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』が登場。ファミリー層を見事に取り込み、推計興収3110万ドルとなかなかの堅実なスタートを見せた。ハリー・ポッターの二番煎じと散々揶揄されてきた本作だが、製作費はそんじょそこらのSF大作以上にかかっている(9500万ドル)。全5巻ある中の第1段に過ぎないが、シリーズ存続の如何はすべて興収次第といったところ。

■『ウルフマン』は興収3060万ドルを計上し3位に落ち付いた。主演は『チェ』2部作のベニチオ・デル・トロと『羊たちの沈黙』のアンソニー・ホプキンス。父と子を結ぶ、古より語り継がれし“呪われた定め”とは・・・?監督は『ジュラシック・パーク3』のジョー・ジョンストン。『セブン』の脚本家アンドリュー・ケヴィン・ウォーカーが参加しているのも話題のひとつ。

■そんなわけで今回は1位に女性層、2位にファミリー、そして3位に男性客が集中し、完璧なる客層の住みわけが成立した。3日間のボックスオフィス全体の興業収入は推計1億9300万ドルに昇り、これは『13日の金曜日』(09)が公開された昨年の“大統領の日”週末の記録を塗り替え、歴代1位にあたるという。

■9週目の『アバター』は4位へ。それでも興収2200万ドルと先週とほぼ横ばいの粘りを見せ、累計を6億5965万ドルに伸ばした。7億ドルを軽く越えることは確実。■先週の覇者"Dear John"は5位に落ち付いた。推計興収の1530万ドルは先週と比べて-50%の数字。これはハリウッド映画の平均的な落ち方なので、可もなく不可もなくといった感じ。

■番外編として13位に初登場のボリウッド映画"My Name is Khan"を挙げておく。アスペルガ―症候群を患う主人公が愛する人と結ばれて幸福を噛みしめていた矢先、あの9.11が発生。ムスリムに対する人々の態度が硬化していく・・・。
Shahrukh_khan_2
主演はボリウッドの大スター、シャールク・カーン。
彼自身、プライベートでもイスラム教を信仰するインド人なのだが、先頃インドではカーン氏をめぐり大騒動が巻き起こった。というのも、インドで開催されるクリケット・プレミア・リーグの選手選考について「パキスタン選手がひとりも選ばれないのはおかしい」と発言。これに対し右派が猛抗議を展開し、カーン氏の主演映画のボイコット、果てには一部の暴徒化した市民の劇場襲撃を誘発する事態にまで発展。結局、当局が大量の警察官を投入し、これまでの逮捕者は1800人を下らない。そんな母国のニュースが米国内でも広まったのか、映画は大ヒット。全米120館での公開ながら、1館あたりの週末興収は15,000ドルを超え、アベレージとしては他作品の追随を許さない圧倒的な差をつけている。

↓この記事が参考になったら押してください

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 新しい人生のはじめかた | トップページ | アウシュビッツの門をくぐり・・・ »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/47566106

この記事へのトラックバック一覧です: 全米興業成績Feb.12-14:

« 新しい人生のはじめかた | トップページ | アウシュビッツの門をくぐり・・・ »