« 2月17日ツイート | トップページ | ブラディ・サンデー »

2010/02/22

全米ボックスオフィスFeb.19-21

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Feb.19-21 weekend】

01 Shutter Island (-)
02 Valentine's Day (↓)

03 Avatar (↑)
04 Percy Jackson & The Olympians (↓) 
05 The Wolfman (↓)
06 Dear John (↓)
07 Tooth Fairy (↓)
08 Crazy Heart  (↑)
09 From Paris with Love (↓)
10 Edge of Darkness (↓)

■50年代アメリカ、孤島にある精神病院からひとりの収容患者が消えた。残された暗号を手掛かりに捜査官は行方を追うが次第にこの島の暗部に行く手を阻まれ・・・。『ミスティック・リバー』や『ゴーン・ベイビー・ゴーン』でおなじみデニス・レヘイン原作の『シャッター・アイランド』(日本公開4月9日)が3日間で推計4020万ドルを売り上げ、首位を獲得。これはマーティン・スコセッシ&レオナルド・ディカプリオのタッグ作として過去最高の出だしであり、彼らの単独作としても過去最高。意外かもしれないが、レオ主演の『タイタニック』でさえオープニング興収は2864万ドル。これまでの最高値は『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の3005万ドルだった。

■当初の10月公開予定がこの時期までズレ込んだことについて、米凄腕ブロガー/映画ジャーナリストのニッケ・フィンケ女史は「パラマウントのプロモーション費不足&レオが新作撮影のため充分な宣伝活動に時間を費やせない」(詳しくはこちら)ことなどを理由に挙げている。各種インタビューではレオに「精神的に最も過酷な撮影だった」と言わしめた本作、その内容のほどは?日本でのマスコミお披露目は火曜です。

■先週の覇者『バレンタインデー』は2位へ。週末興収は先週比76パーセント落ちの、推計1716万ドル。10日間の累計は8740万ドルとなった。3位の『アバター』は推計1610万ドル。累計は6億8780万ドルに達した。来週の今頃は7億ドル越えか。

■4位『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』は先週比50%落ちの1530万ドル。10日間の累計は5876万ドル。製作費は9500万ドルと言われているが回収できるか?一方、製作費1億1000万ドルともいわれる『ウルフマン』は、興収985万ドルを計上。10日間の累計を5301万ドルとした。

■ランク外ではベルリン国際映画祭でも監督賞を受賞したロマン・ポランスキーの"The Ghost Writer"が限定公開を迎えている。トニー・ブレアがモデルともいわれる元英国首相役に元007のピアース・ブロスナン、彼の自叙伝を執筆するゴーストライター役にユアン・マクレガー。今のところ1館あたりのアベレージが44750ドルという、まさに桁違いの稼働ぶりを記録している。巨匠ポランスキーがスイスの獄中でも編集作業を続けていたという本作。いまだに自宅逮捕中の彼に代わって、作品は全世界を飛び回っている。

↓この記事が参考になったら押してください

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 2月17日ツイート | トップページ | ブラディ・サンデー »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/47631512

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ボックスオフィスFeb.19-21:

« 2月17日ツイート | トップページ | ブラディ・サンデー »