« 2月16日のツイート | トップページ | 2月17日ツイート »

2010/02/17

コララインとボタンの魔女

築150年の家に引っ越したばかりの少女コラライン。パパもママも仕事で忙しく構ってなどくれない。そんな矢先に見つけた秘密の扉。好奇心に導かれるまま開いてみると、そこは現実と違う夢のような世界だった…。Button

原作が宮崎アニメ大好きな多芸者ニール・ゲイマンなので『千と千尋』っぽい物語かなと思ってたら…もうこれは、コララインに先んじて僕らが「秘密の扉」を開けてしまったかのような映像世界。冒頭、一体の縫いぐるみが宙に浮かび手際よくツツツと糸をほどかれる。内臓の代わりに白綿がぶわっ。そうそうこの感じ。これが『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』(劇場公開から16年!)を手掛けたヘンリー・セリック監督の、ちょっとダークだけど、なんだか愛らしくもあるストップモーション・アニメなのだ。ここで心掴まれるや、あとは一気に跳べる。ツンとした黒猫。奇怪な仮面のバイク男子。ネズミのサーカス。子供たちのゴースト。僕らはすっかり別次元の触感へと導かれ、その一挙手一投足に溜息を洩らす。ふー。

そもそも映画の1秒間はフィルムの24コマ。少女のほんのささやかな表情の移ろいを描くにしても、いったいどれほどの集中力と粘り強さ、アーティスティックな引き出しが必要とされたのだろう。実際には作りモノであっても、フィルムを介して見つめたときに彼らは躍動感たっぷりに生きている。1コマ1コマ、血が通い、息をしている。この撮影に4年かかったというのだから、リアルであれフィクションであれ、生命を吹き込むとはいかに大変な所業なのか思い知らされる。

そしてスクリーンでは徐々に、願望世界が化けの皮をほころばせる。水面張力が限界を越えて弾けるみたいに、今度はめくるめく狂騒が洪水みたく襲ってくる。このギアの切り替えも見どころのひとつ。今回は『ナイトメア~』みたいにミュージカル調ではないものの、『コラライン』にも月の満ち欠けのような音楽的なダイナミズムが脈々と流れ、感情の浮き沈みを司っているかのようだ。Button_3 また、すっかり海の向こうのお話と思いがちだが、実は本作、日本からもコンセプト・アーティストとして上杉忠弘氏がエキスを注入している。ここに息づくキャラクター、お屋敷、部屋のデザイン、コスチュームはすべて上杉氏のイラストレーションを基に少しずつ具象を帯びていったもの。そして先日開催されたアニメ界の祭典アニー賞授賞式では、見事、氏が「プロダクション・デザイン」部門で最優秀賞獲得を果たした。

これは同じ日本人として心より祝福しながらも、他にも上杉さんのような才能が何百人と束になって『コラライン』のキャラクターを1コマ1コマ動かしてきたことを思うと、あらためて映画作りというものが途方もない共同創作であると気付かされる。

東欧アニメ、ウォレスとグルミット、そしてナイトメア…。どうしてストップモーション・アニメはこれほどまでに愛されるのだろう。実写でなく、フル・アニメでもなく、恐るべき手間暇をこかけざるをえないこの方法論。映画は時代と共に進化していくトリッキーな存在だが、でもこの手法だけは、いつどの時代でも嘘をつけない気がする。本作が『アバター』とおなじ3D上映であるとしても、そこには“理解可能な技術”として、なんだかとても安心できるものがある。

そこに手の温もりがしっかりと残っている感覚。僕はストップモーションを目にするといつも、無性におじいちゃん、おばあちゃんの手のひらを思いだしてしまうのだが…あなたはどうですか?

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします。

-----
TOP】【過去レビュー】【twitter

|

« 2月16日のツイート | トップページ | 2月17日ツイート »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/47590026

この記事へのトラックバック一覧です: コララインとボタンの魔女:

« 2月16日のツイート | トップページ | 2月17日ツイート »