« 「ニューヨーク・チルドレン」(BOOK) | トップページ | 「アクターズ・スタジオ~マット・デイモン編」より »

2010/04/30

あの続編映画のこと

タイトルはもう忘れた(ことにしておく)。
シリーズ物としての既定路線も定まらぬうちから、場外へ大ジャンプしてしまった印象。観客も呆気に取られ、ついていく者、脱落する者、怒りだす者のそれぞれに分かれるだろう。この一色触発の予定不調和ぶりこそ奇才と呼ばれるに足る監督×脚本家の化学変化のありかたなのだろうが、それにしてはこの混沌という重い扉が歯車をカチッと合わせて気持ちよく押し開かれる瞬間は訪れず、我々はこの映画にことごとく裏切られ続けることになる。白黒つけるのがこの映画のテーマだが、ここでは自分の意見に白黒つけることなく、ただこっそり闇に葬り去ろうと思う。

↓この記事が参考になったらクリックをお願いします

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 「ニューヨーク・チルドレン」(BOOK) | トップページ | 「アクターズ・スタジオ~マット・デイモン編」より »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの続編映画のこと:

« 「ニューヨーク・チルドレン」(BOOK) | トップページ | 「アクターズ・スタジオ~マット・デイモン編」より »