« 全米ボックスオフィスApr.09-11 | トップページ | 17歳の肖像 »

2010/04/12

ホワイト・オン・ライスVol.2

アメリカで暮らす日系人家族の奮闘を描いたコメディ『ホワイト・オン・ライス』で父親タク役を演じられた高田澪(たかだ・みお)さんから直々にメールを頂きました。なんと、このブログのレビューを読んでくださり、ご自身のWEBサイトにも抜粋英訳して紹介してくださったとのこと。おそるおそる拝見して見ると、あら、ほんと!

------------------------

More review, "White on Rice"
By Atsunobu Ushizu on "I'll see you as Steven Seagal"(JAPAN)

-----And Mio Takada, who plays the role of father, was once a musician in New York, and maybe because of that, he has a kind of presence, which no acting could produce.
In other words, wonderful lassitude ooze out of him that represents years of his struggle accumulated inside of him.

------------------------
雨模様の週明けですが、一瞬で心が晴天になりました。
それはちょうど、『ホワイト・オン・ライス』を観たあとの気分のよう。

|

« 全米ボックスオフィスApr.09-11 | トップページ | 17歳の肖像 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイト・オン・ライスVol.2:

« 全米ボックスオフィスApr.09-11 | トップページ | 17歳の肖像 »