« 『バットマン』より | トップページ | 『アバター』より »

2010/05/03

全米ボックスオフィスApr.30-Mar.02

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Apr.30-Mar.02 weekend 推計

01 A Nightmare on Elm Street (-)
02 How to Train Your Dragon
(↓)
03 Date Night (→)
04 The Back-Up Plan (↓)
05 Furry Veangeance (-)
06 The Losers (↓)
07 Clash of the Titans (↓)
08 Kick-Ass (-)
09 Death at a Funeral (↓)
10 Oceans (↓)

■連休いかがお過ごしですか?全国的に天気は快晴ですが、どんなに行楽の計画を綿密にプランニングしようとも、その日の夢の中までは制御できないのが人間の性質ってもの。そして、全米ボックスオフィスの夢の中には、皆が寝静まったころ、あの男―フレディ・クルーガーが帰ってきたようです。

Anightmareonelmstreet_2
■やはり伝統のホラーは強かった。1984年に第一作目が公開された『エルム街の悪夢』のリブート版が週末興収3,220万ドルを売り上げボックスオフィス・ランキングNO.1を獲得。観客の男女比は半々のようで、25歳以下が60%を占める。マイケル・ベイ製作の本作でフレディ役を演じるのは、『がんばれベアーズ』の不良少年、『リトル・チルドレン』での怪演、そして『ウォッチメン』でも語り部的役割を演じたジャッキー・アール・ヘイリー。それでは変遷をたどってみよう。

Haley02

■先週No.1に返り咲いた6週目の『ヒックとドラゴン』はワンランク・ダウン。推計1082万ドルを計上して累計を1億9,238万ドルとした。世界興収では4億ドル到達間近。本作と『アバター』の興収推移から、「手間暇かけた3D作は封切初期の客足は爆発的とまではいかないが、その分、持続的に人気が続く」ということが言えそうだ。3位には"Date Night"が3週連続でこの順位をキープ。累計は7,360万ドル。1億ドル到達はちょっときついか。

■ジェニファー・ロペス主演のロマ・コメ"The Back-Up Plan"は先週比41%落ち、通常の2週目は50%ほど落ちるのだが、本作は少しだけ粘りを見せた。累計は2,300万ドル。製作費の3500万ドルを完済できるか?興収的には全く芳しくないが"The Losers"も先週比たったの36%落ち。初登場、ブレンダン・フレイザー主演の"Furry Vengeance"は650万ドルの興収しか上げられず、5位。このタイトルだと誰もが壮絶なアクションを期待してしまうが、内容は動物いっぱいのコメディ。

■7位タイタンの戦い』の累計は1億5400万ドル、ついにトップ10を脱落したアリス・イン・ワンダーランド』(12位)の累計は3億3000万ドル目前となっている。なお、週末興収の合計総額は『ウルヴァリン:X-Men Zero』が封切られた昨年の同時期に比べ35%ほど下回っている模様。だが今週末からはいよいよ全米で『アイアンマン2』が封切られる。一転して大嵐となることは確実だ。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 『バットマン』より | トップページ | 『アバター』より »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/48248248

この記事へのトラックバック一覧です: 全米ボックスオフィスApr.30-Mar.02:

« 『バットマン』より | トップページ | 『アバター』より »