« ルンバ! | トップページ | MTV AWARDSのハイライト? »

2010/06/07

全米興行成績Jun 04-06

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Jun.04-06 weekend 推計

01 Shrek Forever After (→) $25.3M
02 Get Him to the Greek
(-) $17.4M
03 Killers (-) $16.1M
04 Prince of Percia: The Sands of Time (↓)$13.9M
05 Sex and the City 2 (↓) $12.6M
06 Marmaduke (-) $11.3M
07 Iron Man 2 (↓) $7.7M
08 Splice (-) $7.4M
09 Robin Hood (↓)$5.1M
10 Letters to Juliet (↓)$3.0M

■過去17年のうちで最も興収の低迷した米メモリアル・デイ後の週末。小粒の新作が多数登場するも、どれも知名度、評判ともにパッとしない。『ハングオーバー』がギリギリ『カールじいさん』に競り勝った1年前の興行ドラマに比べると冷え込みを感じる結果となり、ハッキリと“スランプ”と称する業界紙もあるほど。年間比較では、2010年の売り上げ44億7000万ドルは昨年よりも3.7%高めだが、これは入場料金の高騰に伴うもので、観客数的には2.7%ダウンしている(Hollywood.com調べ)。

■そんな中、首位を獲得したのは先週と変わらず"Shrek Forever After"。累計興収は1億8300万ドルとなり、3週目にして製作費の1億6500万ドルを越えた。

■2位は"Get Him to the Greek"。ジョナ・ヒル演じるレコード会社の担当者が荒くれロッカーをロンドンからLAまでエスコートする波乱劇。3位はアシュトン・カッチャー&キャスリン・ヒーグル共演のアクション・コメディ"Killers"。凄腕の殺し屋が素敵な女性と恋に落ち、平凡な一市民としての暮らしに鞍替えするも、それから数年後、ある朝目覚めると、彼のクビには高額の賞金がかけられていた。。。

■その他の新作は、6位に"Marmaduke"。お犬様が多数登場のファミリー向けコメディ。オーウェン・ウィルソン、キファー・サザーランド、サム・エリオットらがヴォイス・キャストを務めるも、不発。8位には『CUBE』をはじめ独特のカナディアン・SFホラーを送り出してきたヴィンチェンゾ・ナタリの新作"Splice"。サラ・ポーリー&エイドリアン・ブロディ演じる科学者が秘密裏に進めていたのは、人間とその他の動物の混合実験。その研究が実を結んだ日、ふたりは恐怖のどん底に突き落とされることに。。。

■4位には『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』(拙ブログのレビューはこちら)。それほど目立った数字は上げられていないが、累計では5945万ドルに到達。製作費の2億ドルまではまだまだ長い道のりだが、国外興収を合わせるとようやくカバーできた頃合い。

■一方、5位の『セックス・アンド・ザ・シティ2』の元気のなさには関係者のみならず、興行成績ウォッチャーも動揺を隠せない様子。業界紙HOLLYWOOD REPORTERでは「観客は続編映画に飽き飽きしている?」という記事が掲載されたほどだ。興収1265万ドルは先週比ほぼ60%落ち。国内累計は7343万ドル。ただし国外興行ではドイツ、イギリス、フランス、オーストラリアで初登場1位を獲得するなど好調ぶりを発揮している。

■7位のアイアンマン2』(拙ブログのレビューはこちら)は累計興収の3億ドル到達にリーチ。9位のロビンフッド』は製作費の半分の1億ドル到達にリーチ。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ルンバ! | トップページ | MTV AWARDSのハイライト? »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/48563627

この記事へのトラックバック一覧です: 全米興行成績Jun 04-06:

« ルンバ! | トップページ | MTV AWARDSのハイライト? »