« トイ・ストーリー3 | トップページ | 英国産パペット・アニメ »

2010/06/21

全米興行成績Jun18-20

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Jun18-20 weekend 推計

01 Toy Story3 (-) $109M
02 The Karate Kid
(↓) $29.0M
03 The A-Team (↓) $13.8M
04 Get Him to the Greek (→)$6.1M
05 Shrek Forever After (↓) $5.5M
06 Prince of Percia: The Sands of Time (→) $5.3M
07 Killers (↓) $5.1M
08 Jonah Hex (-) $5.09M
09 Iron Man 2 (→)$2.67M
10 Marmaduke(↓)$2.65M


*推計興収が僅差の場合、確定後にランキングが入れ替わる場合があります。

■ついに本命登場。全米4028館で上映の始まった『トイ・ストーリー3』(拙ブログのレビューはこちらから)が週末3日間だけで推計1億900万ドルを稼ぎ出す好スタートを切った。これはピクサー作品における前チャンピオン『Mr.インクレディブル』の7050万ドルを大きく上回る結果。金曜日にはアニメ史上最高額となる初日興収4100万ドルが飛び出し(2位『シュレック3』3842万ドル)、このまま週末興収でも新記録達成なるか、と色めき立ったが、結果、『シュレック3』の1億2160万ドルには及ばなかった。

■なお、同時期に封切られたメキシコ、アルゼンチン、中国などの国外興収4480万ドルをプラスすると、世界興収は1億5380万ドル。多くの国々では7月~8月の夏休みの目玉作品としての上映が予定されている。

■先週思わぬ伏兵ぶりで関係者を驚かせたベスト・キッド』は平日も安定した観客動員が続き、10日間の累計興収を1億625万ドルとした。製作費は4000万ドルほどというからその利益も計り知れない。一部の報道によるとソニーではさっそく続編製作に向けての検討が始まっているとか。

■一方、『特攻野郎Aチーム』は先週比46パーセントの1380万ドル。平均的な2週目興収は50パーセント落ちるので、案外底力が働いたかなという印象。10日間の累計を5000万ドル弱とした。

■DCコミック原作の"Jonah Hex"は8位と振るわず。死の淵からよみがえった賞金稼ぎが南北戦争の真っ只中に宿敵を追い詰めていくアクション・スリラー。主演はジョシュ・ブローリン。先日『トランスフォーマー3』から解雇通告を言い渡されたミーガン・フォックスも出演している。

なんとか9位に踏みとどまった『アイアンマン2』は国内の累計興収が3億ドルに到達。現時点での3億400万ドルは『アバター』(7億4944万ドル)を頂点とした歴代興収記録では33位に位置する。そしていよいよ『セックス・アンド・ザ・シティ2』はTOP10圏外へ脱落。相変わらず世界興収は順調だが、国内興収は製作費も賄えない9000万ドル。前作は1億5200万ドルも稼ぎ出しているので(製作費6500万ドル)、ちょっとガッカリ度の募る興行となった。

■週末3日間での全興収を合算すると1億9800万ドル。これはサンドラ・ブロック主演『あなたは私の婿になる』が好スタートを切った昨年の同時期に比べ31パーセント増となる。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« トイ・ストーリー3 | トップページ | 英国産パペット・アニメ »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/48679759

この記事へのトラックバック一覧です: 全米興行成績Jun18-20:

« トイ・ストーリー3 | トップページ | 英国産パペット・アニメ »