« インセプション | トップページ | シングルマン »

2010/07/12

全米興行成績Jul.09-11

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Jul.09-11 weekend 確定

01 Despicable Me (-) $60.1M $56.4M
02 The Twilight Saga: Eclipse (↓) $33.4M
03 Predators (-) $25.3M
04 Toy Story3(↓)$22.0M
05 The Last Airbender (↓) $17.1M
06 Grown Ups (↓) $16.4M
07 Knight & Day (↓) $7.8M
08 The Karate Kid (↓) $5.7M
09 The A-Team (↓)$1.8M
10 Cyrus (↑)$1.3M


*推計興収が僅差の場合、確定後にランキングが入れ替わる場合があります。

Despicable

■ユニバーサルの3Dアニメ『怪盗グル―の月泥棒』(原題Despicable Me)が当初の3000万ドルとの興収予測を大幅に上回る推計6010万ドル5,640万ドルを売り上げ首位を獲得した。私生活でトラブル続きの大怪盗と、アシスタントのバナナの妖精(バケモノ?)たちが、新たなターゲット“月”強奪にむけて奔走するアドベンチャー。

■本作は元20世紀フォックスのアニメ部門責任者として『アイスエイジ』や『ホ―トン』シリーズを製作してきたクリス・メレダンドリの新たな野心作としても注目されている。製作費も6900万ドルと3Dにしては比較的安価だが、現在までのところ観客&評論家の反応も上々のようだ。日本ではまだ知名度のイマイチな(でもアメリカでは人気絶大)スティーヴ・カレルが声優を務めているものの、日本公開版の多くは笑福亭鶴瓶をヴォイスキャストに迎えた吹き替え版となる模様。日本公開は10月末

■先週の映画市場に火をつけた『トワイライト・サーガ/エクリプス』は週末の興収3340万ドルを売り上げ、12日間の累計を2億3700万ドルとした。オープニング週末に比べると数字の下落率は48パーセントにとどまっている。ちなみに1週目→2週目の下落率は50パーセントがひとつの基準となる。これよりも落ち方が緩やかならば、何らかの口コミ効果が発生していることになる。なお、前作『ニュームーン』の12日間の累計は2億3500万ドルだった。

■ロバート・ロドリゲス製作のもと生まれ変わった『プレデターズ』は、興収2530万ドルで3位スタート。ロドリゲスらしく製作費は3800万ドルと安あがり。観客の7割が男性だという。
ex.
・プレデター(87)公開週末$12M/累計$59.7M/製作費$15M
・プレデター2(90)週末$8.8M/累計$
30.7/製作$35M
・エイリアンVSプレデター(04)週末$38M/累計$80.3M
/製作$60M
・エイリアンVSプレデター2(07)週末$10M/累計$42M/製作$40M

■一方、『トイ・ストーリー3』(拙ブログのレビューはこちらから)は公開4週目にして累計予測が3億4020万ドルと報じられている。月曜日中にでもこの数字が確定すればその時点で『ファインディング・ニモ』(3億3970万ドル)を抜き去り、新たなディズニー史上NO.1興収作品が誕生することとなる。update! 結局、『トイ・ストーリー3』の累計興収は3億3924万ドルに留まり、『ファインディング・ニモ』にはギリギリ及ばず。記念すべき達成日は月曜日以降ということになりそう。

■M.ナイト・シャマラン監督作『エアベンダー』(製作費だけで1億5000万ドル)は、2週目で興収1億ドルを越えてきた。ただし下落率は先週比58パーセント。上述した法則に従えば、これもまたそれなりの化学変化ということになるわけだが。。。

■トップ12作品の興収合計額は、『ブルーノ』が首位を獲得した昨年の同時期に比べて43パーセントも上昇している。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« インセプション | トップページ | シングルマン »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/48856845

この記事へのトラックバック一覧です: 全米興行成績Jul.09-11:

« インセプション | トップページ | シングルマン »