« ちょんまげぷりん | トップページ | ギリアムがWEB中継を演出 »

2010/07/29

エイリアン前章の脚本磨き

リドリー・スコット卿が手掛ける『エイリアン』プリークエル(前章)は少しずつ前進を遂げているようだ。このたびジョン・スパイツが執筆した脚本に更なる磨きをかけるべく、「LOST」シリーズの製作・脚本を務めるデーモン・リンデロフに呼び声がかかった。もともと『エイリアン』に多大な影響を受けたという彼は、現在『スター・トレック2』『カウボーイVSエイリアンズ』などで大忙しなのにもかかわらず、この仕事を引き受けた模様。それだけでなく、リドリーやフォックス関係者との打ち合わせの中で他のSF映画のアイディアについても活発な意見交換が行われ、うまくいけばリンデロフ自身が単独執筆を、リドリー・スコットが監督を務める可能性もあるという。

ハリウッドではベースとなる脚本にまた別の才能がリライトを重ねる場合も多い。最近だと『トイ・ストーリー』の原案を『リトル・ミス・サンシャイン』のマイケル・アーントが脚本化したのも有名だし、『カールじいさんの空飛ぶ家』の原案を『扉をたたく人』のトム・マッカーシーが手掛けたのも記憶に新しい。もっと奇抜な例になると、あの『カンフーパンダ2』のリライトにチャーリー・カウフマンが参加してセリフの修正を行っているとの情報もある。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

【TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ちょんまげぷりん | トップページ | ギリアムがWEB中継を演出 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49005287

この記事へのトラックバック一覧です: エイリアン前章の脚本磨き:

« ちょんまげぷりん | トップページ | ギリアムがWEB中継を演出 »