« ティム・バートン次回作の公開日決定 | トップページ | ミュージカル版スパイダーマン初日決定 »

2010/08/10

中国にて興収記録樹立

AP通信情報。中国で7月22日に封切られた「唐山大地震(英題:Aftershock)」の勢いが止まらない。すでに「建国大業(英題:The Founding of a Republic)」が持つ国産映画の興収記録(ドルに換算して)6200万ドルを抜き去り、7900万ドルにまで到達している。

Aftershock_3 
本作は1976年に河北省唐山市で発生し24万人もの生命を奪った直下型地震を題材に、幸せな家族を襲った突然の悲劇と、そのとき生き分かれた母と娘の32年ぶりの再会、その後の交流を感動的なタッチで描き、中国の劇場は号泣の涙で溢れているとか。

監督はフォン・シャオガン。そう、中国における「日本ブーム」の火付け役とも言うべき国産映画『狙った恋の落とし方。』(北海道がロケ地に使われている)を手掛けた人でもある。

製作費は中国映画としては巨額の2000万ドル。その半分を唐山市が捻出しているという。特殊効果のエキスパートを韓国から招聘したり、『ロード・オブ・ザ・リング』でおなじみ、ニュージーランドのウェタ・ワークショップの協力を仰いだり、ポス・プロをフランスのテクニカラーが担当したりと国際的な技術協力もふんだんに盛り込まれている。

ちなみに、中国での歴代興行収入NO.1は『アバター』の2億400万ドル。果たして「唐山大地震」はこれを追い抜けるか?

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ティム・バートン次回作の公開日決定 | トップページ | ミュージカル版スパイダーマン初日決定 »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49115438

この記事へのトラックバック一覧です: 中国にて興収記録樹立:

« ティム・バートン次回作の公開日決定 | トップページ | ミュージカル版スパイダーマン初日決定 »