« Gleeが受賞! | トップページ | インセプション音楽の秘密 »

2010/08/02

全米興行収入Jul.30-Aug.1

先週までの復習は各自こちらで行ってください。

【Jul.30-Aug.1 weekend 推計

01 Inception (→) $27.5M
02 Dinner for Shmucks (-) $23.3M
03 Salt (↓) $19.2M
04 Despicable Me(↓)$15.5M
05 Cat&Dogs:The Revenge of Kitty Galore (-) $12.5M
06 Charlie St. Cloud (-) $12.1M
07 Toy Story3 (↓) $5.0M
08 Grown Ups (↓) $4.5M
09 The Sorcere's Apprentice (↓)$4.3M
10 The Twilight Saga:Eclipse(↓)$3.9M


*推計興収が僅差の場合、確定後にランキングが入れ替わる場合があります。

■金曜日の興収では確かに"Dinner for Shmucks"が競り勝っていたものの、土日で『インセプション』(拙ブログのレビューはこちらから)の猛烈な巻き返しが起こり、結果、3週連続で首位不動のまま週末興業を終えた。『インセプション』の累計興収は1億9330万ドルに達している。

■惜しくも2位となった"Dinner for Shmucks"はスティーヴ・カレル&ポール・ラッド主演、『オースティン・パワーズ』シリーズのジェイ・ローチが監督を務めるコメディ"。そのほかの初登場組は『キャッツ&ドッグス2』が興収1250万ドルしか上げられず、無念の5位スタート。3D作品も勝ち負けがはっきりつく時代となってきた。観客側の嗅覚が鋭くなってきたということか。製作費は8500万ドルと伝えられる。一方、『ハイスクール・ミュージカル』で大人気を博したザック・エフロン主演作"Charlie St.Cloud"も初日こそ彼のファン層が劇場へ詰めかけデイリー・ランキング4位を記録したが、翌日からは右肩下がりで週末興収も1260万ドルにとどまった。

■対して『ソルト』(拙ブログのレビューはこちらから)の興収は先週比47パーセント落ち。通常だと新作は2週目で平均50%ほど落ちるので、まずまずの下げ止まり方といえる。累計興収も堅実に7080万ドルに達した。4週目の『怪盗グル―の月泥棒』も新作群の勢いに飲まれることなく4位を獲得。製作費7000万ドルほどながら累計興収は1億9000万ドル台に突入している。本作で声優を務めるのはスティーヴ・カレル。つまり今週は彼の出演作が2つもTOP10入りしたことになる。

■『トイストーリー3』(拙ブログのレビューはこちら)は累計3億9000万ドル到達間近。すでに『アリス・イン・ワンダーランド』を越えて2010年の興収NO.1の地位を確立し、『アバター』を王座とする米歴代興行ランキングにおいても『スターウォーズ/エピソード3』を抜いて11位に漕ぎつけている。

この記事が参考になったらクリックをお願いします。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« Gleeが受賞! | トップページ | インセプション音楽の秘密 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49036502

この記事へのトラックバック一覧です: 全米興行収入Jul.30-Aug.1:

« Gleeが受賞! | トップページ | インセプション音楽の秘密 »