« オン・ザ・ロード進捗状況 | トップページ | ザ・コーヴ監督、訴える »

2010/08/05

ミルクの大逆転、再び

まるで『ミルク』のクライマックスを再現するかのようなニュースだ。

カリフォルニア州の住民投票でいったんは可決された「提案8号=同性婚を認めない」が、その後の反対派側の提訴により、4日、連邦地裁の違憲判決を勝ち取った。ただし、8号支持者はすでに今回の判決の差し止め請求を行っており、実質的な決着がつくのはまだまだ先のことになりそうだ(恐らく最高裁にまでもつれ込むことだろう)。

ちなみに『ミルク』には「提案6号」なるものが登場する。これは「教職に就いている同性愛者をその性的嗜好を理由に解雇することができる」とする内容だったが、ハーヴェイ・ミルクらが率いるゲイ・コミュニティの反対運動が実を結び、カリフォルニアでの住民投票では否決された。これが1978年のできごと。ミルクはそれからひと月も経たないうちに、同僚によって射殺された。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

【TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« オン・ザ・ロード進捗状況 | トップページ | ザ・コーヴ監督、訴える »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49066117

この記事へのトラックバック一覧です: ミルクの大逆転、再び:

« オン・ザ・ロード進捗状況 | トップページ | ザ・コーヴ監督、訴える »