« 伝説の巨匠作にアフレック主演? | トップページ | トイ3、アニメ歴代1位に »

2010/08/14

ボイル新作、LFFにてお披露目へ

『スラムドッグ・ミリオネア』で作品賞オスカーを獲得したダニー・ボイルの2年越しの最新作"127 Hours"が10月に開催されるロンドン・フィルム・フェスティバルのクロージング作品に決定した。共にオスカーを受賞したサイモン・ビューフォイが脚本を手掛けているものの、今度は前作と一変、ボリウッドの群舞も出てこなければ、人生の答えを求めて主人公が猛ダッシュすることもない。

127hours_2 
主演は『スパイダーマン』のハリー・オズボーン役でお馴染みのジェームズ・フランコ。彼の演じる登山家アーロン・ラルストンは、2003年、ユタ州の渓谷で思わぬ人生の岐路に立たされた。突如の落石により腕を挟まれ、身動きが取れない状態で過ごした6日間。孤独なサバイバルの中で彼の脳裏を走馬灯のように様々な想いが駆けめぐる。このまま死ぬのか?それとも神はまだ彼を生かそうとしているのか?そして最後の瞬間、彼は生き残るためにひとつの重大な決断を下す。。。

生還者アーロン自身が手掛けた「奇跡の6日間」(小学館)を原作に、この動きの乏しい葛藤劇にいかなるボイル・マジックを駆使するのか注目が集まる。まだ『スラムドッグ・ミリオネア』以前は作品のクオリティ的に明らかな陰りが見え始めていたボイルが、その世界の頂点に立った自信と経験からいかなる布石を打ってくるのか楽しみでもあり、心配でもある。

ボイルは数か月前、2012年開催ロンドン・オリンピックの開会式にて芸術監督を務めることが発表されている。また2010年の年末にはロンドンの劇場にて彼の演出による「フランケンシュタイン」が上演される予定だ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 伝説の巨匠作にアフレック主演? | トップページ | トイ3、アニメ歴代1位に »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49141437

この記事へのトラックバック一覧です: ボイル新作、LFFにてお披露目へ:

« 伝説の巨匠作にアフレック主演? | トップページ | トイ3、アニメ歴代1位に »