« 8人の大統領に仕えた男 | トップページ | アクターズ・スタジオ・インタビュー(BOOK) »

2010/08/01

買収劇の影にあの俳優

ディズニー子会社ミラマックスの売却がようやく実を結んだことは既報の通りだが、ここでひとりの俳優が買収劇に関わっていることを認めた。彼の名はロブ・ロウ。The Hollywood Reporterの報道によると、ロブはコロニー・キャピタルのCEOトム・バラックと共につい最近メディア・ファンドを設立。これを使って、今回のミラマックス買収劇に参加したという。

Thank_you_for_smoking_2『サンキュー・スモーキング』でハリウッド映画会社の重鎮を演じるロブ・ロウ(左) 

「ミラマックスという伝統あるブランドを獲得できたことはトム・バラック&コロニー・キャピタルとのパートナーシップにおいて喜ぶべき第一歩です。私にとっても人生の新たな章の幕開けとなりました。そして、トムと私にとって(今回の買収劇で中心的役割を演じた)ロン・チューターほど最高のパートナーは他にいません。」

ロウはNBCのTVショウ"Parks and Recreation"のレギュラー出演が決定したばかり。『アウトサイダー』や『セント・エルモス・ファイヤー』などで絶大なる人気を得た彼だが、最近の映画出演は"The Invention of Lying"『サンキュー・スモーキング』などに留まっている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

【TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 8人の大統領に仕えた男 | トップページ | アクターズ・スタジオ・インタビュー(BOOK) »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49027469

この記事へのトラックバック一覧です: 買収劇の影にあの俳優:

« 8人の大統領に仕えた男 | トップページ | アクターズ・スタジオ・インタビュー(BOOK) »