« タートルズも再映画化 | トップページ | 今度のジョン・ウーは空を飛ぶ »

2010/08/20

世紀の珍発明の裏側に迫れ

映画の種がリサイクルされたかと思えば、逆に思わぬところからアイディアが降って涌いたりもする。

たとえば、これ、バイブレーター。

そもそもヴィクトリア朝のイギリスで誕生したこのアイテム、実は当時の女性たちが見舞われていた原因不明のヒステリー症状を改善するために医師によって考案されたものだという。

現在製作中の"Hysteria"は、ヒュー・ダンシーとジョナサン・プライスが医師役、ルパート・エヴェレットが科学者に扮し、この世紀の珍発明の生じた経緯を描くロマンティック・コメディ。マギー・ギレンホールがジョナサン・プライスの娘役を演じる。10月よりロンドン、ルクセンブルグにて撮影開始予定。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« タートルズも再映画化 | トップページ | 今度のジョン・ウーは空を飛ぶ »

NEWS」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137483/49199721

この記事へのトラックバック一覧です: 世紀の珍発明の裏側に迫れ:

« タートルズも再映画化 | トップページ | 今度のジョン・ウーは空を飛ぶ »